FC2ブログ

Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  Andrew Maxwell

アンドリュー・マックスウェルは今年も最高!☆Edinburgh Fringe Festival 2012

ついに始まりました!
ヨーロッパ一のお祭り王国・スコットランドのエディンバラが誇るパフォーミング・アート祭り
エディンバラ・フリンジ・フェスティバル。

Edinburgh-Fringe-Festival.jpg

街中お祭り騒ぎです。街歩いてるだけでコーフンします。

これからしばらく需要もないのに、ガンガン見物レポートをアップしていきます。
スコットランドへのご旅行を計画の方、
英語圏コメディにご興味のある方、
ナマの笑いを調査中の方、
ぜひぜひご参考にしてください。


記念すべき今年の見学レポート第1弾は、
かわカッコいいのにドスのきいた声で「ふぁ●く」のスタンガン攻撃をぶっぱなし、バッタバッタと時事ネタを打ちまくるアイリッシュ・コメディアンのアンドリュー・マックスウェルです。(もう、何度もこのブログではベタぼめしております)

andrew-maxwell-that-s-the-spirit_26210.jpg

チケットはこちら。
http://www.edfringe.com/whats-on/comedy/andrew-maxwell-that-s-the-spirit


コメディ部のKen君が ちょいと早い7月にロンドンで鑑賞した感想レポートをここにアップします。
アンドリューがかっちょいいところは、構成は同じですが、同じネタを話さないところ。
事実、本日(8月1日現在)私が見た彼のショーは、要所要所をのぞきKen君が見たものとはガラリとネタが変わっていました。ロンドン/スコットランドという場所の違いや、その日の客層の違い(ゆえにイスラムの話ではなく、ユダヤ人とか、モルモン教とか。オーストラリア人の話ではなく、アメリカ西部のマッチョマンな男の話とか)手元にA4紙にメモったネタのセットリストを、見ながら、「あまりに喋りたいネタがあるのだが喋り忘れてないだろうか、オレ」とばかりに、チロチロ確認しながら「あ、この話しなきゃ!」みたいな。


地域ネタでも彼は、きちんと説明をしてくれるので、大丈夫。
普段新聞やニュースを普通に追っている人へのおすすめ度は☆☆☆☆☆です。


では、以下、アンドリューの感想です。



-----------------------------
-----------------------------



スタンドアップ・ショウ「アンドリュー・マクスウェル」篇

 英国コメディの虜となって以来、早3年弱。遂にスタンドアップショウデビューを果たしました。記念すべきデビューの地となったのは、ロンドンのudderbelly festival。そして、ホストは、アイルランド出身のコメディアン、アンドリュー・マクスウェル(英国コメディの虜とか言っておきながら、デビュー戦はアイルランド人となりました。汗)会場は思っていたほど大きくなく、お客さんは300人くらいでしょうか。軽く全体を眺めてみてもアジア人は、自分1人。目立つだろうなぁ…いじられたらどうしようとドキドキしながら座ってました。すると、アナウンスとともに拍手を煽りながらアンドリューさんが登場!

 そんなアンドリュー氏、出てくるや否や、早速、観客のひとりをイジり出しまして。最前列に座っていた眼帯をした中東出身の顔立ちの男性客。「お前、中東の海賊かなんかか?笑」と。そこから、「イスラム教のやつはいるか?」と本題に。誰も手をあげず、イスラム信者はいない、という雰囲気が会場に流れたところで、「Let’s talk about them」。この一言が強烈すぎて、その後、何について話したかあまり覚えていません(汗)。確か、ロンドンにいるイスラム信仰者を揶揄するような話でした。ベンシャーマン着て、ビール飲みながらコックニー・モスクで叫ぶような「お前、本当にイスラム信者なのか?」という(笑)。

 それから、アイルランドとイングランドの関係についても。「過去のことなんて、もう水に流そう。アイルランド人は、もうイングランド人を憎んでいないし、許してやるよ…君たちに頼らないとやっていけないからな(泣)」という自虐的なネタ。この辺は、別の動画も上がっていたので、鉄板ネタなんじゃないでしょうか。



それから、個人的におもしろかったのは、フットボールネタ。チェルシー所属かつイングランド代表でもあるジョン・テリーによる、アントン・ファーディナンドへ向けられた試合中の差別発言に関するお話。ジョン・テリーは試合中、アントン・ファーディナンドに向かって「Anton, you f***ing black c***」と言ったみたいです。そして、その姿がカメラに捉えられたために、当然、多大な非難を浴びることに(本人は口元を手で隠していたらしいですが、あいにく横から撮られてたと)。それに対するテリーの言い訳が、俺は「Anton, you f***ing blind c***」と言っただけだ、というもの。すると、批判の度合いが一気に治まったらしいんです。ここまでの経緯を聞いていて、おかしな話だと思っていたのですが、アンドリュー氏も同感だったようで、そんなんでいいのかと疑問を呈していました。「黒人に対する差別では大騒ぎするのに、盲目の人たちに対するものならいいのか(What about the blind?)。それに、この国にいるC***sはどうなる(What about the c***s?)」と。「ロンドンの80%はC***sだしな」とまで言ってしまう始末(笑)こういう差別のような扱いの難しい問題を笑いに変えて、問題提起というか、考える機会を与えてくれるのは、英国系コメディっぽいなぁと感じました(アイルランドだけど)。



 それからもうひとつフットボールネタ。今度は、宗教がらみの話。スコットランドのグラスゴーには、レンジャーズとセルティック(かつて中村俊輔選手が在籍し、黄金期を築いたチーム)という2つのフットボールチームがあって、そのサポーターのルーツがそれぞれ、プロテスタントとローマン・カトリックに別れているのですが、ローマン・カトリックのルーツがアイルランドということもあり、お互いにいがみ合っているというお話。レンジャーズが下部リーグに降格したため、「実際には1チームしかないみたいなもんだけどな。わかるだろ?笑」とぶっこむあたりはさすがだなと笑いましたが、このトピックについては、笑うというよりは、お勉強感の方が強くなってしまい、そうなんだ~と感心しながら聞いてました。

 

そうこうしている間にタイムアップ。が、アンドリュー氏はナイスガイなので、「もうちょっと話してもいいだろ?」と延長。オーストラリアのパブでの出来事を話し始めました。お店に入ったところ、ソファでとある中年カップルがコトに及んでいたと(この時点で意味不明でした汗)。パブなので、ビールを飲んでいたらしいのですが、やはり彼らが気になってしまうと。しかし、角度やタイミングのせいでやたら男のケツが見えたり、男と頻繁に目が合ったりという展開になってしまい、自分が男を見つめていると思われたくないあまり、とっさにthumb upして終わるという、でっち上げじゃないの?と思うほどのお下品な話で締めくくり、彼は意気揚々とステージから去って行きました。周囲が拍手している一方で、自分はポカーン…。自分が理解している(と思っている)英語が間違っているのか、話自体がトンチンカンなのか意味不明すぎて、頭の中の整理が一瞬つかず、ショック状態に陥ってました。


 というわけで、僕のデビュー戦は、差別、宗教、フットボール、下ネタという割とついていきやすいトピックが多く、アクセントもほとんど苦にならなかったので、周囲のお客さんの笑うタイミングに遅れることも少なく、大健闘したと思います(笑)。ゲラゲラという大笑いではありませんでしたが、小さな笑いの波がコンスタントに続き、大いに楽しんだ1時間でした!

[ 2012/08/02 08:35 ] Edinburgh Fringe | TB(0) | CM(0)

うつつを抜かしている間に(汗)☆今年のFringe Comedy Awardノミネート発表!!



あれもこれも、あれもこれも、と勝手な批評を入れるうちに、気がついたらノミネート者が発表されてました!(汗)

ComedyAwardsDesign_2010_FostersLogo.jpg

Foster's Edinburgh Comedy Awards


なんと、予定より5時間も遅れた難産だったようです。
去年の発表時にも、毒はいてましたが、もうここ10年強、まるで日本の首相のように、コメディ大賞のスポンサーが変わるわ、マネージメント事務所が権力振りかざすわ、すでにメジャーな人を排除しすぎるわ、あまりにマイナーな人にとらせるわ、新人部門作っちゃうわ、と書いても書いても書ききれないほどの「コメディ大賞をとったからってなんなのよ」みたいな要素が増えてしまい、なんだかな~。みたいな状況ではあります。
 
 しかし、それでも、毎年なくては気分が落ち着かなくなってしまう、このイベント。
 ノミネート者は以下のとおりです。



Best Comedy Show - shortlist:

Adam Riches: Bring Me the Head of Adam Riches
すみません、私はボー君病でうなされていたので、レポートしてないのですが、去年絶賛の嵐だった人です。去年は超絶にナンセンスで、ウィット溢れるからはかけ離れたものでした。オーストラリア人だったと思うんですよ。(すいません、確認します!)からっと爽やかさが印象的なコメディだったです。

Andrew Maxwell: The Lights Are On

 まったくもって、驚きのノミネートです。いや、アンドリューにその器がない、ということではなく、むしろ、彼を今さら、再び、ノミネートにするなんて、失礼きわまりない、という意味なのです。この審査員の方々は過去のアンドリューとアワードの経緯を知らない無知な人たちに決まっています。
アンドリューはむっちゃ下積みが長いんです。10年近くもコメディサーキットでやってきたのち、Channel 4 の[king of Comedy」という勝ち抜き戦のような深夜番組を通してようやく実力にともなう注目が集まるようになってきた人なんです。だから「king of comedy」の翌年で、アワードにノミネートされたとき、すんげく欲しかったんです。アワードを受賞すれば、さらに飛躍。。。というか、達成感が得られるはずだった。でも、その年受賞したのは、皮肉にも過去15年連続でフリンジに来ていて、破天荒なライブをやりつづけ、玄人だけが永遠の5つ星王にしていたBrendon Burns/ブレンドン・バーンがはじめて、「エンタメ」に着眼し、完璧なまでに「破天荒」な自分を作り込んでしまったショーでした。
 この時点で、もうアンドリューはこういう賞レースなんか、関係ブーだぜ、となっているはずなんです。実際は人気は着々と上々、定着し、スタンダップ界では、揺るぎない地位を確立してますから。レビューなんか、Fxxx off、賞なんかFxxx offなんですって。
 というわけで、これでもし、彼が受賞したら、そのコメントが楽しみです。

Chris Ramsey: Offermation
 去年、コメディ部でも「かわいこちゃん」としてとりあげていた、ラムジー君。ちゃんと男っぽいセットをやれる子になってしましたので、ちょっとビックリしました。Avalon(事務所)にがっちりサポートされて、メジャーな芸人のサポート芸人として前座をやり続け、沢山力をつけてきたんでしょうね。
というか、ちゃんと打てば響く子だったんですね。
Avalonもそろそろ、次のRussell Howard君になる子が欲しいんだと思います。多分ノミネートくらいがちょうど、ポストRussell君になるんだと思います。

ちなみに、今、「T-shirt comedian」(=イケメンで若くてTシャツジーンズで女性のハートを掴む芸人を指す)の1人みたいです(爆)ラッセル君が筆頭にされてますが。


Josie Long: The Future Is Another Place

昨年ノミネートされて、また今年も? 去年とらせなかったから、今年とらせようとしているのでしょうか?
もう彼女も別にとらなくてもええ芸人さんですよね。今年はちなみに相当にポリティカルだったようです(友人談)


Nick Helm: Dare to Dream


ここ1年でのさまざまな賞レースを洗いざらいいただいている感じの芸人さんです。ラッセル君のGood Newsにも出た事がある。T-shirt comedianではないです(爆)すいません。ナマで未見です。どうしよう、観に行ったほうがいいかな。。。(汗)

Sam Simmons: Meanwhile

え、オーストラリアではすでに地位を確立した方なんですから、客が入るのも評価が高いのもある意味当然というか。。。これはちょっと失礼なのではないでしょうか? 本来なら、フリンジのスペシャルゲスト的立ち位置なんじゃないでしょうか? いや、もちろん未見でこんなことをいうもんじゃないと思いますので、だまります。。。


新人賞:

すみません、アンドリュー・マックスウェルについて力説してたら、辛くなってきたので(汗)独断と偏見で。

Thom Tuck: Thom Tuck Goes Straight to DVD

コントやってたチーム「Penny Dreadful」が今年はそれぞれみんなソロもやっていて、彼はそのなかの1人。全員じゃあないのですが、気になるのだけ観てみましたが、ダントツでThom Tuckが気に入りました。てか、たまたまネタが共感できるものだったから、なのだと思いますが。




やっぱり新人の60分って、そうとうの実力がないと、結構しんどいです。。。途中でday dreamはいっちゃうんですよね、私。。。



[ 2011/08/25 09:07 ] Edinburgh Fringe | TB(0) | CM(0)

念願のMaxwell Fullmoonersを観ました☆Andrew Maxwell's Maxwell Fullmooners @Edinburgh Fringe Festival

ついに、観ました! 大好きなアイリッシュ芸人アンドリュー・マックスウェル/Andrew Maxwellが満月の夜&気が向いたときに行う深夜イベント「Maxwell Fullmooners」


maxwell-s-fullmooners_23447_thumb.jpg


毎回マジシャンやミュージシャン、芸人さんなど6-7人をゲストに繰り広げる深夜の雄叫びナイト。
 ナマライブだからこそ観れる過激なネタの数々! 深夜の18禁ならではの18禁なネタの数々が繰り広げられ、過去のfullmoonerは伝説と化している、あのFullmoonerです。
 アンドリューに肩入れしてはや10年が過ぎ(汗)いつかどこかで絶対に観たい観たいと思っていた悲願のイベントに言ってきました。
 
感想は サイコー <3


 細かいレポートはたたみます。

 続きを読んでくださる方はどうぞ 続きを読む をクリックしてください~~。



 ちなみにアンドリューの今年のソロのチケットはこちら


 そして 過去の伝説の数々はこちら。





大好きなオージー芸人Brendon Burnsが重量挙げしながらネタ披露の巻。





Adam Bloomが一瞬にしてルービックキューブを……





大好きなアイリッシュ芸人Ed Bryneが半裸で飛び入りダンス


 
 


[ 2011/08/17 06:59 ] Edinburgh Fringe | TB(0) | CM(0)

2011年エディンバラ・フリンジのスタンダップ/コメディ/芸人ラインアップ第1弾☆

fringelogo.gif


Edinburgh Fringe の プログラム発表は今年は6月9日ですが……。
そんなお約束を守る会場は、。。。あまりいません(爆)
各メジャー会場/スポンサーのHPを見ちゃうと、結構フライングで発売になっていたりします。
またchortle.co.ukが速報を出してくれます。


私がフリンジで事前購入マストとしてチェックするメジャーなコメディ関連の会場はこちら。

Pleasance

Assembly
Underbelly

そしてThe Stand Comedy Clubです。

今年も予想どおり、フリンジ・サイトの発表より前ですが、メジャーな会場は一部公開。
というわけで、 2011年エディンバラ・フリンジ コメディ的に注目のショー第1弾をお届けします。
(=私のスケジュールを大公開しているだけの企画です。 説明のとくにない芸人さんは、きっとすでにこのブログで愛をぶちまけているせいです。ご了承ください。汗)








[ 2011/06/09 01:11 ] Edinburgh Fringe | TB(0) | CM(4)
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

komeddy

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


FC2 Management