FC2ブログ

Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  Edinburgh Fringe 2011

今年のエディンバラコメディ大賞受賞者は? ☆2011 Edinburgh Fringe Festival

先日お伝えした2011年のEdinburgh Comedy Awardの受賞者が発表になりました。


Adam Riches

ariches.jpg BestComedyShow.jpg


でございました。



え~~~っと。

しつこいようですが、このブログは独断と偏見に満ちあふれた、褒めるものしか書かないブログです。

ので、

おめでとうございます。


<個人的な感想>


昔は、受賞者は誰か? ノミネートは誰か? それを、予想し、当てるのがとてもとても楽しみでした。
ここ数年は、ノミネートされることはないが、注目すべき芸人は誰なのか、を探すことがとても楽しみです。
長い時間のなかで、受賞することの意味も、アワードの意味も、すべて変わってしまったような気がします。

個人的に、ノミネートに入って欲しかったのは、
Richard HerringIsy Suttie です。


Richard Herringは今年フリンジ参加20周年ということで、いつも以上に気合いを入れていました。

richard-herring-what-is-love-anyway_22119.jpg


「What is Love?」と、大抵の芸人なら敬遠するであろう、一筋縄ではいかないテーマを選び
喜劇と悲劇の表裏一体な部分を見事に抽出し、最後は笑いながらも目頭を熱くさせるネタで締めくくる。大物の、経験豊かな芸人だからこそできる勝負ではないでしょうか。他に同じことを同じクオリティでできる人がリチャード以外のどこにいるかと考えたとき、そして、リチャードの「ライブ」に対する真剣さを考えたとき、口コミや批評だけではなく、もっと評価されるべきではないかと思っています。

 それにしても、私Richard HerringがあのJulia Sawaraとつき合っていたことがあったなんて、知らなかった!!! (ネタかと思っていたらホントの話でした。。。)


 もう1人、「Peep Show」のドビーでおなじみのIsy Suttie

isy-suttie-pearl-and-dave_22514.jpg


かわいい!! 可愛かったです! そしてホントに素晴らしかった!
こちらは、さもさも事実のようにかたりながら、架空のロマコメの世界を作り上げていました。しかも、究極にビタースイートなロマコメ。
Isyのペンパルだという2件先に住んでいたお兄さんのロマンスの話でして、
Isyらしい突拍子もなさが魅力で沢山笑ったのですが、せつなくてせつなくて、最後ホロっと泣いてしまいました。なんて素敵なお話なんだろうと。ぜひこれがテレビシリーズなどになってくれたらいいのに、と思います。
うん、誰もが楽しめるテレビシリーズの原型を観たような気分でした。


 イギリスのコメディ界は、ちょっと今、過渡期かもしれません。情報が散乱し、どんな芸人のネタもネットで観れてしまう世の中、客である私たちの「なんか新しいものを見せろよ」的な期待は高く、普通に上手なレベル以上を求めてしまう。若手や新鋭も「普通に上手」以上をやろうと、奇をてらった笑いを繰り広げようとする。Funny Peculiarではあり、涙を流して笑いましたが、大勢の人々を感動させるポテンシャルを持つ笑いとは違いました。
 IsyとRichardは百戦錬磨の芸人で、正直わざわざアワードはいらない人たちです。彼らのレベルは、おそらく比べ物にならないほど高く、コメディ+(プラス)の感動を得ました。ジャッジ側も「この2人は有名なので今更アワードはいらん」、ということかもしれないですが、せっかく、無名の新人を持ち上げるための新人賞を作ったのだから、メインは、中途半端に 有名人を除外することなく、きちんと全部ひっくるめるべきではないのかと。アワードはメジャーの印であり、メジャーとなるに相応しい人たちがとるべきなのですし。。。


 さて、
 来年は、どうなっちゃうんでしょうか、このフリンジ。
 
 以上お粗末さんでした。
 
 
[ 2011/08/28 08:20 ] Edinburgh Fringe | TB(0) | CM(0)

役に立つのか不明度100% 勝手にエディンバラ・フリンジ・レポート(3)☆Edinburgh Fringe 2011 Comedy report

こんにちは、エディンバラです。



フェスティバルではキッズのイイモノも沢山公演しています。

little-howard-s-big-chance_23423.jpg

Little Howard

もその一つ。

BBCでも好評放送中。6歳のシャープなスタンダップコメディアンLittle Howard君が、何をやっても笑いがとれない病気を持つ大人、Big Howardとコンビ組んでます。

10数年前、little howard君は小児がんで病院に入っちゃってて、普通の健康的なこどもの生活ができないうちにすっかり毒舌しかはかなくなってしまったというキャラ設定で、かなりダークでシュールだったです。もちろん完璧大人用。今ウィキみたら、そのあたり、抹殺されてますな(爆)そりゃそうだ。

今でこそ、パワポ使って、コンピューターとシンクロしながら進行するショーは、どこでも見かけるレベルですが、10数年前、スクリーン上にマウスで描いた絵を上手に動かしながら、ライブで2次元空間と絡むって、かなりすご~~~い! ことでした。アニメとのからみが本当に自然かつ絶妙で、ホントにLittle Howard君が生きてるみたいなんですよね。

で、そのBig & Little Howardをテレビで先に娘に仕込んでおいて、いざ、ライブへ。


<今回のお話>

Little Howard Big Showを、Little Howard君はLittle Howard Bug Showと思い込んで、昆虫を沢山仕込んで臨んでいました。一方Big HowardはBig Show だと思い込んでいるので、大嫌いなクモを見つけて、大パニック。観客の男の子に殺してもらうように頼み、メタメタに殺しちゃいます。
 そのクモを使って一芸をやろうとしていたLittle Howardはクモがいなくてショーができない!
 そんなそうどうのさなか、じつは客席にフリンジフェスティバルの監査が入っているというニュースが。
 きちんと子どもたちを楽しませるショーにしていないと、2人とも監獄行き。と知らされて、
 2人は、パニックになりながら、なんとかお客を楽しませようとしますが……。


<感想>

なんとか頑張ろうとするなかで、Little Howard君がdifferentially visible duck(人によってはその姿が見えるあひる)
をサイドキックとして追加されます。「見えないよ!」と叫ぶBig Howardに「いいや、存在するんだから。見えないだけだから」と言い張るやりとりがシュールでした、よく考えれば、Little Howard君だって実在の人物ではないんですから、ほんと、見える見えないという次元の問題ではないんですよね。

監査役の人を本当にその日のお客さんに仕立て上げてしまう技があっぱれでした。最初のほうで、ある成り行きからその客の写真を撮影するんですが、それを瞬時にPCのなかに取り込んで、スクリーン上に登場させる。
アニメ相手(声も事前に録音されてます)の、固まっているはずのネタに、きちんと客とのインタラクティブ性を盛り込んでいるのは、やっぱりすごいな~。と思ってしまいました。


テレビよりライブのほうがすごさがわかると思います~~。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな人におすすめ☆☆☆☆
 子連れで、クオリティの高いお笑いを楽しみたい
 英語でコメディなんて無理!と敬遠している方。
 ヨーロッパのシュールアニメが好きな方。


チケットはこちら
 
[ 2011/08/15 02:41 ] Edinburgh Fringe | TB(0) | CM(0)

役に立つのか不明度100% 勝手にエディンバラ・フリンジ・レポート2☆Edinburgh Fringe 2011 Comedy report



こんにちは。エディンバラです。

友人とパブで飲んだ後、そのまま帰るのがイヤで、無理矢理なんか観ようと、観てきました。


Dregs

dregs_22128.jpg

今年、尺1時間のショーにデビューする2人組です。マックス・ディキンズ/Max DikinsとMark Smith (Chotle Student Comedy Award 2007のファイナリストらしい)

なんですが。

たとえ○●賞をとったとかいう看板があったとしても、新人が1時間持たせるというのは、ものすごい大変であり、往々にして非常にキツいので、普段はまっさきに敬遠しています。が、今回それを承知で挑戦したのには、

 ーショーの演出家をきちんとつけている
 ーその演出家がIdiots of Antsというライブコメディ界では、ここ2-3年でめきめきと躍進を遂げているコント4人組の1人。
 ークレカをつかえば、1ポンド123円=1200円程度でショーが観れる。

以上、3点のサポート要素があったからです。

 
 実際観てみると、想像以上に、熟練されていて、びっくりしました。発表する媒体が増えたせいもあり、「新人」のレベルが20年前とはまったく違うとは、よくベテラン芸人さんが口にしていますが、観る歴○●年のワタシもまったくもって同感です。とても新人とは思えない、堂に入ったパフォーマンス。Idiot of Antsのテコいれがあるから、精神的に落ち着いていたのでしょうか?

 一つ一つのコントはあんまり印象がないのですが、コント構成が、非常に面白かったです。Dregs の2人、マックスとマークが「次のコントは~」みたいな調子でMC的にコントを紹介しながら、コントを展開していきます。
で、このMCのような間が、2人それぞれのキャラを生かしたキャラクターコメディになっていました。
1時間の間に、キャラを客の頭にすりこみ、かつ、コントも展開するって、これは新人だけではできるわざではないですよね。

 もう一つ、スタッフらしいおじさんが(ネタです)コントやトークを静かに荒らすのですが、このおじさんが非常にKYな感じのキャラで、オフビートな笑いを作ってくれていました。おじさんが下向きかげんにのそのそと歩くスピードが絶妙で。コントの真っ最中に2人を応援したり、気に入らないコントの間は外でてっちゃったり。



これはちょっと、ネタばれですが→→

で結局このおじさんの正体ってマックスのお父さん、っていうオチ。
マックスはお父さんとコンビ組むからお前いらないとマークを追い出そうとして
でも結局和解して、3人はぐして終わり。みたいな。

これがあるおかげで、すごく奇麗にまとまりすぎちゃったというのが個人的な感想です。まとめようとして頑張りすぎちゃった??? でも、全体的に2人のかけ合いもテンポよくて、笑えました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな人におすすめ。☆☆☆1/2

Idiots of Antsが好きな人。
未来のスターになるやもしれぬ、新人発掘がしたい人。
イギリス英語に結構自信のある人。マックスはちょっとだけ(ヨークシャーっぽい?)なまってますが、おおむねみなさんわかりやすいアクセントです。


チケットはこちら




[ 2011/08/13 08:31 ] Edinburgh Fringe | TB(0) | CM(0)

役に立つのか不明度100% 勝手にエディンバラ・フリンジ・レポート☆Edinburgh Fringe 2011 Comedy report


こんにちは。どしゃぶりで、クソ寒いエディンバラです。暴動の火だって消しちゃうよ、、、いえ、冗談です。すいません、洒落にならないことを口走ってしまいました。
 エディンバラは相変わらずのんきで、マイペースにフェスティバルが進行中です。なんか、昨日ちょっとだけあったみたいとYOU TUBEで乗ってたようですが、ホントに1~2カ所だけで、私たちみんないつもどおり生活してます~~~。
街の中心部にある店もなんにも荒らされてませんでしたよ。JD sportsも!
 


やっと身の回りの基本的なセットアップができてきたので、ぼちぼち観に行くことにしました。

本日観たのは、こちら

the Ginge, the Geordie and the Geek

ginge-the-geordie-and-the-geek-all-new-show_22208.jpg

ロンドンからやってきていた旧友2人が観に行くというので、わけもわからず便乗しました。結構80sのわかる人たちなんですが、いわゆる事務所につかずに、活動していくうちに、大きな事務所に見初められて、この1年は結構メジャーに活動してるみたいです。マイケル・マッキンタイアさんとか、ジミー・カーとかの前座やったり、ジョニー・ヴェガスの前座やったり。ちなみにここ20年、UKお笑い界のPRの仕組みが音楽のPR活動とかなり似てます。(=90年代からこんな感じになっていったのです)

で、肝心のショーですが。

ええっと、38のコントを1時間でテンポよくちゃかちゃかやってました。
「自分たちのイロ」を出す方法としt、擬人法を多用していて。
とくにライオンとかサルとか、鳥とかいった動物に扮して、人間のやりとりのようなコントを展開する。
チープな道具(例えばホウキとか)を別のものに見立てて、スケッチを進行させているのですが、ところどころ、道具そのもの(例えばホウキとか)と認知し、コントを展開し、意外性をさぐってます。

が、おおむね、ベタで直球。ライオンの息子がベジタリアン、とか、そーゆーかんじです。
面白い動きをしたり、チープな道具を使う事自体でも笑いが飛び交っていましたね。
例えば殺人事件現場とか、お店屋さんとか、誰かが一つ質問を投げかけると登場するインディアンのおじさんとか、突拍子もない不思議系な笑いも多かったです。
よくいえば、親しみの持てる、非常に悪くいえば、もう既出。

はじめ子どももおっけー? と思ったのですが、う~ん、今イチ相応しくない場面もちらほらなので、ファミリーフレンドリーというわけでもなさそう。



個人的には、2つか3つくらい、笑ったコントがありました。す、すくないですかね?
でも客席はどのコントでもどっと笑っていましたよ。彼らのようなコメディスタイルの需要は大きいのだと実感しました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな人におすすめ☆☆☆
英語でコメディなんて理解できない、と敬遠している方。
意外とITVのエンタメってイケるよね、と思っている方。
あんまり回りくどい事考えないで、カラっと爽快、ビール飲んでぱっぱらぱ~と笑いたい方。

チケットはこちら




[ 2011/08/12 08:08 ] Edinburgh Fringe | TB(0) | CM(0)

2011年エディンバラ・フリンジのスタンダップ/コメディ/芸人ラインアップ第1弾☆

fringelogo.gif


Edinburgh Fringe の プログラム発表は今年は6月9日ですが……。
そんなお約束を守る会場は、。。。あまりいません(爆)
各メジャー会場/スポンサーのHPを見ちゃうと、結構フライングで発売になっていたりします。
またchortle.co.ukが速報を出してくれます。


私がフリンジで事前購入マストとしてチェックするメジャーなコメディ関連の会場はこちら。

Pleasance

Assembly
Underbelly

そしてThe Stand Comedy Clubです。

今年も予想どおり、フリンジ・サイトの発表より前ですが、メジャーな会場は一部公開。
というわけで、 2011年エディンバラ・フリンジ コメディ的に注目のショー第1弾をお届けします。
(=私のスケジュールを大公開しているだけの企画です。 説明のとくにない芸人さんは、きっとすでにこのブログで愛をぶちまけているせいです。ご了承ください。汗)








[ 2011/06/09 01:11 ] Edinburgh Fringe | TB(0) | CM(4)
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

komeddy

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


FC2 Management