Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  2011年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英ヒットコメディ映画「FOUR LIONS」の監督と一緒に原子力エネルギーについて勉強しよう!(爆)☆Chis Morris at CERN podcast

前から気になってたんですよ。このお写真。。。

Chris Morris at CERN

英国コメディ界の寵児クリス・モリス/Chris Morris先生がヘルメットかぶって、日本のバラエティ番組のスタジオセットみたいなきらきらした派手な場所で立っている。
Chris Morris at CERN ってクレジット。

なんで、クリス・モリス先生が天下の原子力研究所CERNに?(汗)


新しいプロジェクトのためのリサーチ? しかもポスト・オルタナコメディの中心人物格であるsimon munnery とkevin Eldon様を引き連れているご様子。(→単に超仲いいだけという説大 爆)

気になるものの、なにぶんに文系なもので、
数字とか記号とかアナフラキシー・ショック系なもので、
クリックしないでいたんですよね。

でも今回のこの大震災を機に、毎日当たり前のように使っている原子力エネルギーについて、あまりに無知だったことを思い知らされまして、猛反省。ちょっとくらい知っておくべきでしょうと思った矢先に、
そうだあ! と思い出しました……。

クリス・モリスというニンジンがあれば(爆)科学のdumb and dumber な私でも努力できるかもしれない!
というわけで聞いてみました。

そのポッド・キャストは こちら


ええ、ふたたび、
少しでも多くの皆様に、私の(むなしい)努力を分かち合っていただきたく、
下方の 

続きを読む。 

をクリックいただくと、日本語でポッドキャストの概要がだら~~~~~っとでてきます

自分では、ある程度筋道たってるように感じるのですが、間違ってたらごめんなさい!!! (と先にあやまっておく)

ご興味ある方はぜひどうぞ。。。




スポンサーサイト
[ 2011/03/26 06:04 ] Chris Morris / Four Lions | TB(0) | CM(0)

ヒュー様ファンにグッドニュース!:ヒュー様が初のブルース・ライブを行うんですって!!


**コアなファンの方はもうご存知かもしれないですが、ワタクシ今知ったので、あわててアップしてます**

それでも世界は回る~回る。茨城産ほうれん草で元気いっぱいのお味噌汁を飲みながら
朝イチで情報チェックするときも、日本の震災情報以外に注意が行くようになってきたワタクシにまいこんできたガーディアン紙からの朗報

御年51歳(えええっ汗)ダンディ・オーラで世界中の女子を悩殺するヒュー様 ことヒュー・ローリーが、なああああんと! 初のライブをやるらしいっす!

ヒュー様
Hugh Laurie and his New Orleans blues project. ガーディアン/the guardian です。

ゲストはもちろんスティーブン・フライ!!! どおおおおおお。


イギリス時間の23日 16時より、ガーディアンのウェブサイトで、昨年9月に発表されたデビューアルバムからの3曲をライブ披露してくれるらしいです!

んでもって、5月のチェルトナム・ジャズ・フェスティバル、ロンドンでのライブも予定されているとか。
詳しい情報はゲット次第、随時お伝えしていきたいと思います~。

。。。さあ、みんな、ロンドンへ行こう!(爆)

英トップ風刺家が英米メディアの日本の地震報道をメッタ切り!:10 Oclock Live on Japan Coverage

コメディアンというよりは、風刺家、ツッコミ専門(笑)ジャーナリストのCharlie Brookerが現在、Peep Showのデヴィッド・ミッチェル/David Mitchellやむっちゃくちゃクオリティの高い一発ギャグ系で絶大な人気を誇るジミー・カー/Jimmy Carrなんかと一緒にやってる10 Oclock Live.


めざせ! Jon StewartのDaily Show(爆)らしく、現在も頑張って放送中です。時事ネタですから、トーゼン、出ました。日本の地震、そして津波、そして原発。
 個人的に先週は 不必要なあおり記事に対してガンガン1人突っ込みをいれていた自分ですが、さすが天下のブルーカー氏の洗練された攻撃っぷりは痛快以外の何者でもありません。



 すこしでも多くの皆様にこの痛快さをわかちあっていただきたいと思い、以下、transcriptです。例によって、だだだっ!と耳に入れて、手で出すくらいな作業しかしてないので(笑)きちんと一語一句ではないですが、
このクリップの醍醐味はガッツリ充分におこしていると自負しています。
 お楽しみいただけたら幸いです~~。


...now tragedy in Japan has produced images so awful... news can't resist showing, the viewers can't resist watching. It's just sort of things that get people tune into, rolling into huge numbers Perhaps, that's why, over the past weeks, sky news has been using images to create commercials for itself, adverts which edit the disaster into something not too similar to a movie trailer. a typical example ends like this.

(sky news ad 1)

Quite astonishing. They added do-me sound effects in devastation in case you don't think the reality is chilling enough. Chances are right now, someone in the office, working on a catchy jingle for apocalypse, which would be showing in HD. Im not idly saying that Sky News disaster sounds like a trailer for a drama serial. It literally sounds like one.... sometimes follows directly after it. Here is how it played out live, complete with what happened next.

(sky news ad 2)

Remarkable. you know what, when the news coverages segway seamlessly to an advert of Shaun Bean fantasy epic, maybe its time to ease off from the theatrics a bit.

anyway, after the Tsunami has devastated in Japan, other nations waited anxiously for the wave to cross the pacific to reach them. Thankfully, by the time it reached the Californian Coast, its force head, comparatively, almost completely dissipated. Although some of the news coverage still tried its best to make its scene dramatic.

(CBS news)

Dramatic video, there "Buddy" you know what?, this week my idea what constitutes dramatic video has changed a bit, "buddy".

In the early hours of the disaster, the internet is filled with sympathetic messages from almost everyone, with a notable exception, celebrity dance 50 cent who shared his thought on twitter. Thought like....

(50 cent tweet)

To be fair, to 50 cent, he actually mistyped that. What he really meant to say was "I'm a fucking idiot. Don't listen to me or buy my records, Don't even glance at me. I'm not worth travelling through the photoreceptor in your retina with. For 50 cents, I'm nothing. lol."

Anyway, the focus of the story soon shifted to the Fukushima National Nuclear Reactor. Once again, the news, the best to keep informed and terrified all though not in that order. The newspapers, front page rank, among the most alarming I've seen in my life time, ranging from MELTDOWN (daily mail, to NUCLEAR MELTDOWN ALERT (telegraph), and perhaps the most chilling of all is Daily Stars, BIG BRO GOES NAKED. you know what this means, soon the rods will be fully exposed.

Clearly the reactor situation is worrying, but the more you watch the news, stayed informed, the less informed you feel. Because they don't know how worrying it is. So all they can offer is sort of an amateur crash course, in nuclear physics. They demonstrated a number of reactors, using sophisticated CGI and unsophisticated polyesteling cups. It made it looks like a grim magic trick. Fox News, Glenn Beck simulated the nuclear reactors with some tubes of M & M with a sauce pan, that Heston Blumenthal told some idea of salad, I believe.
While UK news displayed a number of alarming flashing diagrams, most of which soon exploded with shier excitement along with some worry-some visuals. They made their best to make you scared of milisieverts, which last week I have never heard, which now I find twice as frightening as Darth Vader glued to a shark.

Like most of us, I have no idea whether the fear is exaggerated or not. All I know is I am having an advanced atomic theory explained to me by people who last week were struggling to describe the color of Kate Middleton dress. And that definitely is frightening.






[ 2011/03/22 21:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

チャーリー・シーン、自虐入りました・・・☆Charlie Sheen's Korner & Funny or Die ”Winning Recipe"

 

  日本国中、いろいろとあって大変ですし、心配ごとも沢山ありますし、
 こんなブログを更新する時間があるなら、被災地で辛く苦しい思いをしている方々のためになるようなことでもしたほうがいいんじゃないか、という思いはぬぐいきれないのですが、
 同時に「笑う」ことや「楽しむ」気持ちも忘れてはいけないと思いました。
一日も早く日本に笑顔が戻るためにも、何の問題もなく生活している自分は、
心に余裕があるときには、ブログを更新したほうがよいのではないか、と思うようになりました。
 
 不謹慎かもしれないですが、ブログを更新したいと思います。


 ちょうどマグニチュード9.0が日本を直撃する前
 今「放射能が海を渡ってやってきて被爆する!」とヨウ素を飲む人々が増えて困っているアメリカ西海岸では、チャーリー・シーンが高視聴率番組「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ/Two and a Half Men」(すーぱーどらまTVにて放送中!)を降板されるという事件が起きていました。

 おたわむれがひどかったようですよね。善良なアメリカ人の方々の彼への好感度もガクガクさがっている。。。というのが制作者側の理由っすよね。でも今時のハリウッドで、ここまで昔ながらにブイブイいわすって、ある意味「芸事」のような錯覚に陥るほど、80年代の人気ロックグループみたい。
 で、その渦中のどまんなかで、大将は、全面戦争にはいるべくCharlie Sheen's Kornerというサイトを作っちゃって。これが、自虐ネタまっしぐら(笑)
おそらく前からあっためていたのでしょうが、自虐ネタが好きな私としては、今までまったくもって無関心だったチャーリー・シーンへの好奇心がアップです。

 第2話がYOU TUBEにアップされているので、あげときます。



 このCharlie's Kornerの方向性とか演出について擦り合わせしているところなんですが。。。
 すんげ~、素の大将の露出度が高いと見受けました。まるでスティーブ・クーガンが、透けた下着姿でグラビアページを飾るレベルだったら、チャーリーシーンは、袋とじのグラビアページみたいです(=ブラもパンツもとってるけど、股開いてないみたいなレベル)。

大将のF***連発台詞と我らがマルコム・タッカーさんのF台詞の比較対象を、いつかやりたいですな。。。(汗)


さらに! 「不当解雇」から2-3日後には、こんなクリップまで発表しております。




大将、仕事はやすぎ(爆)。制作者陣も「Spin City」のディレクターとか入っちゃってるとか。
一度はなくした好感度も、こうした一連のクオリティの高い活動で復活しちゃってるみたいですね。

こんだけの才能とそして協力者のいる人を、ほっぽりなげちゃったワーナーさん、もうちょっと上手に大将を手なづけてれば・・・と後悔してるんじゃないかしら(汗)とすら思ってしまいました。

 
 
 
[ 2011/03/20 20:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

英ハードコア・コメディオタクの間でちょ~~~話題!☆LimmyことBrian Limond

コメディのコミュサイトを運営するような、筋金入りのコメディファンの間で、すんごい、盛り上がってます。

Profile pic - post touch up

Limmy/リミーこと、Brian Limond/ブライアン・ライモンド
グラスゴー人。(=スコットランド人)

スコットランドって、日本でいうところの大阪みたいな独特の笑いの文化が発達していて、
地域だけでカリスマ的に有名とか、地域だけでむちゃくちゃアイドルとか、”外”の人間は???な芸人が結構いるんですね。
リミーも、そんなカリスマ的芸人で、数年前からライブのチケット入手が最も難しい芸人の1人になっちゃってました。(大きなハコでもやらないのも原因ではありますが。)
ブレイクのきっかけは、毎日配信していたキャラクターコメディのpodcast”Limmy's world of Glasgow”や本人がブログ更新するウエブサイト

 私はウェブカメラの前でライブで、寝起き状態からモノローグで延々と赤裸裸にグラスゴーの生活を語ってたのを見たのが最初です。(今はやってないですね、残念?ながら・・・)
パンツいっちょ、ねぐせつきまくり、無精髭はえまくりの、ナマナマしい(爆)姿で語る毒舌の数々は、マルコム・タッカーさんが、いかにエリートで紳士なf語なのかをあらためて教えてくれる、というべきでしょう。。。

 地元カルチャー誌「The LIST」でスコットランドに影響を与えた人物の第16位にまで選ばれちゃえば、BBCも黙っているわけにはいかないんでしょうな。ついに昨年は2010年スケッチ・コメディ「limmy's show」がBBCスコットランドで放送されます。
 そう、地方放送だったんです。が! BBC iplayerではイギリス国民の誰もが見れるんですよ。
 なんてったってスコットランド、グラスゴー出身の地元で人気の芸人という、お笑い好きなら、絶対チェックするべき要素てんこもりですから!iplayerやYOU TUBEのヒット数も急上昇。
 BBCは否応の選択なしに、リミーにシリーズ2もコミッションしました。
 その待望のシリーズ2が先日からスタートしたんですが、
 地方局の放送なのに、大変なもりあがりっぷりです。

 一見すると、よくあるただのコント集30分に見えるのですが、グラスゴー、そしてスコットランドの生活をリミー独特の目線で描くobservational comedyなんですね。
 ダニーちゃんの「トレスポ」からはじまってしまった、スコットランドの下層社会を「かっこよく」見せてしまう傾向とガッツリ正面から戦っている姿勢にコメディファンとして”萠え”です。
「どんなにあがいても、所詮スコットランドのグラスゴー。カエルの子はカエルさ。夢や希望なんてあるかよ、ば~か。」みたいな「スコットランドの現実」をしっかり受け止め、キャラクターコメディを通して、人々の一見ハッピーそうな生活をダークで皮肉たっぷりに描きます。
 かっこよく見せようとしながらなんか、いまいちモッタリだっさいテイストを見え隠れさせる演出。
 確信犯でしょうな。そこも含めてパンチの効いた笑い、だと思います。

とりあえず、YOU TUBEで見れるシリーズ1をあげときます。




 先日もThe IT CrowdのクリエイターGraham Linehanが

graham linehan1

なんつってつぶやきをしてました。
そうそう、シリーズ4にオフィスの窓ふきの人役ででてるんですよ、リミーは。そちらもチェックしてください~。

ツイッターといえば、リミーのツイッター、むちゃくちゃ面白いです。とくに先日まで続いていたジョージ・マイケル(爆)とのやりとりが。。。(彼のネタです! あしからず)


以上、当ブログだからこそ(爆)ゲットできるコアな英国コメディ情報でした~。
コメディの最新産直情報収集に、これからもご活用ください。(と宣伝してみる。。。)
[ 2011/03/11 05:27 ] 独断と偏見 | TB(0) | CM(1)
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。