Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  2011年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

過激と言われる英国の笑いがいかに思慮深く、細やかな分析と冷静な判断によって作られているかについて☆Richard Herring's Objective


Tom Basden (BBC Radio 4)

う~~~~~~~~ん、かっこよすぎる
(注:本ブログでのバスデンさんフィーバーは、最低年末いっぱい続きます。ご了承ください)

さて、Mark Watson's Live Address to the Nationにて公開されたバスデンさんの写真を充分な時間愛でたところで、今日ご紹介するのは 現在BBC4radio Extraにて大フィーバー放送中の

Richard Herring's Objective のシリーズ2 です。
(あれ? 汗)
Richard Herring in the BBC Radio Theatre

(richard herringについては、ポストオルタナ芸人カテゴリーにかなり沢山あります。今年のエディンバラ・フリンジフェスティバルでも、わたくし個人的にイチオシのショーでした。)

これはリッチーが、毎回世間が眉にしわを寄せるようなネタについて、徹底研究するというもので、第1シリーズは(ヒトラーを連想させる)ちょびヒゲ、フーディ(パーカーのフードかぶってる若者)、イングランドの旗(あのスコットランドとかと合体してないやつです)といったネタだったんですが、

先日始まった第2シリーズでは、第1話=Golliwog(あの黒人のお人形ちゃんです)、第2話=車椅子、第3話=三面記事。。。

完全に、「差別」を意識したネタのセレクションでございます!(爆)
以前リッキー・ジャーヴェイス(&ファン)との間で一悶着あったとき、リッチーは、こういうネタを取り扱うならば、非常に客観的かつ冷静な判断が必要と言っておりましたが、それがどういうことかをデモンストレーションしてあげてるかのような番組になっております。

第2話の車椅子に関しては、自らリッキー・ジャーヴェイス(&ファン)に随分叩かれた、という話を持ち出してますから、完全に意識してますわな。エッジなんだとかいいながら、実際やってるのはretardやmong、gayという言葉を使ったオチづくりに走る笑いを、”チープだ”と言い切ってくれてます。

 オチも、おちょくる対象を「軽卒に言動する人」からずらさないので、不快な笑いにもならない。特にリッチーが車椅子の女性芸人さんにさんざん突っ込まれているあたり。笑いやすいし、ききやすいです。

別に中傷英語を使ってもいいのですが、使っている人を笑うのか、中傷英語自体を笑うのか。後者の場合、私は笑えないですね、やっぱり。

そんなわけで、ぜひ、一度リッチーのラジオ番組をきいてください。


ちなみに番組の構成は、昔からのLee & Herringファンにとっては非常に懐かしい(かつての自分のパクリをやったりしているので 汗)ものになっていましたね。。。

 ちなみにリッチーの笑いの世界は彼のウエブサイトにこれでもか、とアップされていますので、ぜひハマってみてください。
スポンサーサイト

無情にカットとなった(涙)サイモン・ペッグ&ニック・フロストとの”共演”に関するジェイミー・ベルのコメント

こんにちは。

昨日11月26日、雪をすっとばし雹が降って来たエディンバラより愛を込めてお笑い記事を綴るwhiteanklesocksです。

映画「タンタンの冒険」12月公開に先駆け、先月、先々月と断続的にジェイミー・ベル・フィーバーをおこし、海外コメディ情報のために本ブログへお越しいただく皆様に多大にご迷惑をおかけしました。
おまけに、ジェイミーに質問したサイモン・ペッグとニック・フロストとのからみについて、「詳細はAERA ENGLISH1月号にて!」と言い残し、たったか逃げた私です。

 で。
 実際に「AERA English (アエラ イングリッシュ) 2012年 01月号 [雑誌]」を見ていただければわかると思うのですが、(はい、あの韓国超人気アイドルCN BLUEが表紙のやつです。CN BLUEが表紙なので、とってもすぐに売り切れると思いますので、皆様お早めにお買い求めを……)ジェイミーのインタビュー記事を、どんなに目をサラのようにして読んでいただいてでもですね、サイモンとニックとのからみについてのコメントが書かれていないんですね。

字数の都合で、余計なところ(=サイモン・ペッグとニック・フロスト)はカットしなきゃいけなくてですね。
はい、スピルバーグの話でもタンタンの話でもなく、脇役のコメディアンの話など、日本じゃどう考えてもまっさきにカ・・・

というわけで、日本に数多くいらっしゃるサイモンとニックのファンに大変申し訳ない(?)ので、テープおこしまんま、のコメントをはりつけます。「PAUL」ももうすぐ公開ですよね! そういえば!!!




ワテクシの質問→ UK comedy wise, this film is also very fascinating as Edgar Wright and Steven Moffat were writing the script and Simon Pegg and Nick Frost were playing twins. How did you like the shooting from that perspective?

ジェイミーの答え→ Simon, Nick presented something to the movie, that was desperately needed. A sense of relief. A sense of, a kind of, your amusement. I think a lot of stuff coming from Tintin and Haddock is extremely funny, and Snowy and Haddock are very funny too. It's much as that the movie, action-adventure film, characters, and you love the characters, you know? They (Thompson and Thomson) compliment each other very well, just like you can’t have Tintin without Haddock. They need each other like this. They work each other. They feed each other. They work off with each other. So we really used those two characters and put them into these kind of situations, I mean, which is all Herge’s creation, certain secresicm in the film, lifed directly out of the book. Such a high stakes adventure, mixed with very humourous and funny characters, that’s typical of, spilberg film look of a Tintin adventures. So we wanted to maintain the level of great adventure but also a great humour.

(要約:サイモン・ペッグとニック・フロストはこの映画にどうしても必要な“箸休め”的な要素となったね。原作者の描く冒険に満ちあふれる一方、ユーモアとおかしな登場人物が共存する世界――――それってスピルバーグがみるタンタンの世界でもあるんだ。)

[ 2011/11/27 06:09 ] The adventures of Tin Tin | TB(0) | CM(0)

あ!(汗)今月のAERA ENGLISH巻末ドラマ特集にはドクター・WHOシーズン3第1話入ってます!



(気がついたら、先月「ビーイング・ヒューマン」をガッツリ紹介していた発売号をここで宣伝するのを忘れていた気がする。。。)


 



すいません、いつまで続くかわかんないですが、引き続き、AERA ENGLISHで海外ドラマ紹介させてもらってます。
1月号はまたも未だ日本でDVD化されてない作品を収録。(はい、TV放送だっていうのに、また無理矢理頼み込んでDVD収録させてもらいました。。。)それがドクターWHOのシーズン3第1話でございます。



いや、マジで今在庫ないんですよね、ドクターWHO シーズン3。暴動で焼けちゃった?(違)たまたま在庫切れなのかしら?11th(マット・スミス)のはあるし、コンピレーションみたいなのとかあるんですけど、前あったBox setとかなくなっちゃったみたい?ですよね。とっても傑作なので、未見の方はぜひイケメンドクター、デイヴィッド・テナントを楽しみながら、ぜひテレビでキャッチアップしてください~~~。


あとはフリンジのシーズン3第1話と、THE EVENTの第1話が封入してあります。

THE EVENTの主役のお兄ちゃんはひさびさにアメリカのTVドラマで「い、い、イケメン!」と思ったお兄ちゃんです。容姿がギリギリでジェームス・フランコの粋にまで行ってないのが、ポイントが高かったです。このお兄ちゃんを見たとき、オタクのなかで「ジェームス・フランコの境界線」という新基準が生まれました。あのお兄ちゃんを見る、というのだけでも、このドラマの充分な引き要素ですね。

それと、
フリンジのシーズン3は面白いですね! シーズン2までをめったやたらにネタバレしてはいけないという気がするのですが、オリビアがもう1人のオリビアだとホントに信じちゃってるのかもう一つの世界を欺くために、騙し演技をしているのかどうか、ってのが気になります。フリンジは面白かったんですね!

他にも、なんだか、見れてないのでなんとも言えないのですが、ipadアプリでワタクシの絵をちゃんと公開してくれているようです。ぜひそちらもお暇だったらのぞいてください。。。

ではではみなさま、買ってください~~~よろしくお願いします。
[ 2011/11/25 23:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

Leveson Inquiryでのヒュー・グラントとスティーブ・クーガンを観察してみる

News of the Worldにちなんだ「報道の自由」問題とPhone Hacking scandalについての過去記事はこちらこちらでございます。

というわけで、午後のお茶のおともに(→失礼すぎ)ちょうどぴったりな時間にLeveson Inquiryがここ数日行われ、生放送で中継されております。ついついやってたことを中断して見ている、暇な日本人でございます。。。
ヒュー・グラントとスティーブ・クーガンも、証言者として顔を連ねており、11月21日にはヒュー・グラント、22日にはスティーブ・クーガンがそれぞれ登場しました。


この全模様のトランスクリプトがDL可能です。(一部始終もストリーミング公開されてますが、日本でもみれるのかしらん?)

ヒュー・グラント

スティーブ・クーガン




以下、ストリーミング配信が見れないと悪いので、念のため、YOU TUBEであがってたハイライトシーンをはりつけました。
個人的な感想は(笑)前の記事でも書いてること繰り返しちゃって、しつこいんで、いつも読んでくださってる方は、適度、スルーしちゃってください。。。



ヒュー・グラントって以前も書きましたが、彼レベルの俳優なら当然いるはずのお抱えパブリシストなしで、ポンポンとトークショーにでて、ぺらぺら知的かつ面白いことをしゃべっちゃえるめずらしいタイプの俳優さんとは理解しているのですが……。それにしても、公開ライブ放送されるという法廷ですら、この余裕っぷりを発揮できるとは!!! 95年の例の事件(笑)に関しても、堂々と「今回のことと95年のことは切り離して」と、きちんと95年のことについてふれていて。
落ち着きはらった、理路整然としたトーク展開。しかもこんな場所で場内に和やかな笑いを作り出しております。



一方スティーブ・クーガン。





最初のクリップのほうでで「... I've never sought to be famous. by such a fame is a byproduct. Indeed I don't pare onto a panel show myself, I don't sell myself as a personality, I create characters, I play and I write....」といってたように、
スティーブはキャラクター・コメディアンであり、公衆の前では「スティーブ・クーガン」すらもキャラクターとして作り上げている人です。素で人前に出たり、自分を出すのがとっても!!! NG&苦手な芸人さんです。
それが「笑い」や「エンタメ」という逃げ場がない場所に素で登場(しかも生中継)・・・しているわけで、
なんじゃこの、緊張っぷりは、というくらい、しどろもどろ。。。ですよね。
いや、すんごい、プレッシャーだったんでしょうな~。(笑)。
前に「news night」に登場したときは、怒りが先に立って、緊張ってところじゃなかったんだな!(笑)


ちなみにスティーブの容姿、オスカー・ワイルドみたいですよね。このくりくり髪の毛。。。えへ。


[ 2011/11/24 18:57 ] steve coogan | TB(0) | CM(0)

この秋超話題のUKコメディドラマ「Fresh Meat」最終話を書いてたのはバスデンさんですから!!!(涙)☆Fresh Meat x Tom Basden

クリエイターのSam Bain氏がツイートで、

sam bain


って教えてくれたのが、番組オンエア前の。。。1時間前?(萎)


目の玉が飛び出るほど驚いて、
4oDだと広告がすっとばせなくてタルイので、SKY HDレコーダーの元値をとるため録画しました。


よく考えたら、主演のジョー・トーマスはジョニー・スイート君と一緒に組んで活動していて、
ジョニー・スイート君とバスデンさんはPartyでもHard to Tellでもつながっているわけだから、
全然あり得る話なんですが、
もはや問題は、バスデンさんがPRが上手になるか否かではなく、
ファンはいつになったら、この「寝耳に水」状態でオンエア情報を得ることに慣れるのか、です。
天才のファンでいるのは、、、、また修行がいるのです。


というわけで、以下は「FRESH MEAT」最終話の感想です。


FreshMeat_GQ_19Sept11_Channel4_b_20111119134326.jpg

Fresh Meatについてのブログ内記事はこちらこちら


(注:すいません、まだバスデンさんの記事はブログ内に散乱してます。検索かけるときっと鬼のようにでてきます)


--------------------------------------
--------------------------------------


正直に言おう。
ダルダル気味だった(汗)「FRESH MEAT」に
知的なクライマックスと、ホロリ涙とオフビートな笑いをもたらしたのは、
やはり天才、トム・バスデンだった!!!


第1話のあらすじと感想を書いたときに、”これは(汗)コメディよりのSkins?”と小首をかしげていたのですね。というのも、コメディとシリアスの割合がなんか不明で。

たしかにクリエイターであるSam BainとJessie Armstrongの両氏がインタビューで
「コメディでもあるけどシリアスな要素も入れている」
とさんざん言っていましたし、(テレグラフ紙とか)
絶妙な割合なのかどうか、キャラ紹介でいっぱいいっぱいになる第1話ではよくわからないし。
そのうえ、このコメディドラマって、英国ではめずらしく、
クリエイター(たち)がず~っと脚本を書いているのではなく、
細やかな決め事のもと
Baby Writerと呼ばれる、明日の英国エンタメ界をしょってたつ希望の☆たちが、次々とエピソードを担当して
いたんですね。

ということで、第2話へと見送っていたわけです。

。。。。。

で、第3話へと見送ったわけです。

。。。。。

で、第4話へと見送ります。。。



第5話あたりからオタクコミュニティのなかで、すごくいい評判がちょっとだけ聴こえるようになりまして。
でも、第4話あたりから、こっちのモチベーションが低くなっちゃって。
もう、お母さんが家事やったり編み物したりしながらの”ながら観”状態に。
(やってはいけない態度なのですが)
なので、評価の高い第5話でどんな変化が起きたかぼーっとスルーしたまま、第6話へ。
(ということで、皆様、第5話は注目らしいです)

第6話~7話では、波に乗り出したみたいで、大絶賛をする声がちらほら。
物語も佳境にはいってくるので(はい、6人それぞれきちんと話を広げて盛り上げていました)
ノリで見れちゃうという感じです。

で、シリーズ1をしめくくる第8話に来たわけですが!

バスデンさんは、各登場人物のキャラクターを見事なまでに昇華し、笑いとアイロニー、そしてフィナーレらしい感動で締めくくってくれました。
特に JP抜かした5人が一同にポッシュ・ディナーを囲むシーンの秀逸さといったら!!!
(=大学の教授と関係にあるOregonが、なりゆきでフラットに新居を構えることになり、そこで食事会を開くわけです。)

教授と仲のいいウクライナとかイラン出身の友人と一緒に食事をしながら、互いの文化について語り合い質問し合ったりする。「イギリスの若者文化」というオブラートに包みながら、各登場人物が喧嘩の続きを行い(kingsleyとjosieの関係は最悪の絶頂であり、VodがOregonに険悪モード。教授がOregonとつき合っていることで、彼らのプライベートスペースもじゃまされ、みんなpissed offみたいなところなど。)それぞれのキャラを全面に出していく、っていう。

身震いして、(感動の)涙が出ました。
あれだけで一本の寸劇です。ホントにバスデンさんはソリッド・シチュエーション・コメディが天才的に、とびぬけて、面白い。しかもバスデン色が効いてる。
 すでにキャラクター設定もガッチリ決められてて、ストーリー展開も決まってて、ガチガチに枠ができちゃってるのに、自分の色を出すまで作れるって・・・・くううううううう!!!

かっこよすぎです!!!(だめだ、愛がでかくなる一方だ!!)



このシリーズのトリを飾る作家がクリエイターのSam Bain とJessie Armstrongの両氏じゃなくても
いいんだと証明し、今後のイギリスのエンタメ界に大きな、大きな役割を果たしたと思います。
(いや、バスデンさんはBaby Writerではないと思うのですが、どうにもこの才能を持ってしても、まだ第一線で活躍、、、というところまで到達していないわけで、、、その意味ではbaby writerだと思います、はい)


===========================

今はもう、「オックスブリッジ」じゃなかったらTVで活躍できる道はない、ということはなくなったのですが、
まだまだイギリスのエンタメ界、とくにコメディに関しては、エリート主義な体制が構築されていて、
才能のある若手がなかなかチャンスが与えられないでいる状況です。
Bain & Armstrongの両氏はこの状況について「だから(イギリスには)アメリカのような新しい才能の輩出量がない」と言い(たしかテレグラフ紙)この「Fresh Meat」で「才能ある作家が活躍できるように導きたい」と。
 第8話を見る前までは、
 「いや~、イギリスはイギリスらしく、クリエイターが脚本をきちんと全部丁寧に書いた方がいいんじゃないの?それやってないから、(コメディとドラマの割合が)緩くてタルいんじゃないの?」
と思っていた私ですが、この第8話で、考え変えました。
 
 はい、こういう形でもっとデキる作家に活躍の場を与えていったほうがいいと思います!!!
[ 2011/11/19 13:51 ] Tom Basden related | TB(0) | CM(0)
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。