Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  スポンサー広告 >  steve coogan >  ここまで来たら記録に挑戦っ?(汗) スティーブ・クーガン自虐の30分「the trip」第5話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ここまで来たら記録に挑戦っ?(汗) スティーブ・クーガン自虐の30分「the trip」第5話

 スティーブ・クーガン/Steve Coogan、彼のキャリア、今回の番組「the trip」に関してはカテゴリのsteve cooganをご覧ください。

thetrip.jpg the trip
**すみません、steve cooganを徹底解剖することをライフワークの1つとしている私にもう2話ほどおつきあいください**

「The Trip」第5話です。
相変わらず、自分自身を”フカン”で見て、それをネタに事実と虚構のギリギリの線を突き進む。あらゆる角度から自分の限界と弱味を切り崩し、笑いに変えるという、超一流芸人ならではなマゾ・ワールドの結界がいまだ見えません(苦笑)

~~~以下ネタばれ~~~


今回訪れたのはYorke Arms.
ホテル&レストランにチェックインする前にちょっと観光とMalham Coveへ。スティーブ、キホン的にロブを見下してるので、やたらと彼にウンチクを「教えてあげ」ます。ロブはうんざり。
" I don't want to listen to you all the time.I'd rather you didn't explain. i'd rather look at it. I want to appreciate it! Shush!" ですと(苦笑)
スティーブ、基本的にロブより上の立場にいる(まあ、ビジネス上そうですが 汗)と思っているので、shushの一言に”I never thought you'd tell me to shush. Honest. ”

このあと、このあたりの場所を熟知する観光客のおじいさんに延々とうんちく語られたスティーブは、うんざり。さっきロブに対して自分がそのおじいさんと同じことをしていたと、気づいたのか気づかないのか????
演出がかっこよすぎます。第5話のクリップはこの部分です。

そしてYork Arms 到着~。
元カノ、ミーシャとの電話のやりとりも、スティーブの私生活やスキャンダルを反映していて面白かったのですが、ちょっと飛ばして いつものロブとの会話へ 
ここで何よりキタのが、ロブが実在の人物を演じることが得意な俳優を引き合いに出し始めるくだりです。

Rob:"You've got Hopkins, me, Richard Burton and Michael Sheen. Four great...and I don't put myself in with Michael Sheen and Anthony Hopkins."
Steve:" That's wise."
Rob: "No, I put us in with... comedians... entertainers. "
Steve: "We? You're talking about we like we're the same. There's a crossover but we are not the same."

the trip5

このスティーブの台詞、彼のプライドと彼の本来やりたい事、そして彼の(アメリカでの)知名度がうまく噛み合ず、彼のなかで起きているジレンマが見て取れます。
あまりに端的に色々含んでいるので、ツボにはまりました。
 
 そお、むかあああああし、どこかのスティーブに関する記事で
「spitting image」でモノマネの畑で知名度をあげてきたとき、このままこの分野を突き進んだら「Rory Bremner」になってしまう(→ねんのため、ポリティカル系統のモノマネコメディでITV番組持ってた人気芸人さんです)、と恐れて、キャラクターコメディアンへシフトしはじめた、と読んだことがあります。
スティーブは、モノマネは得意でも、それを本業にはしたくない、と思っている人です。実際、●●●●やxxxx(笑)のようにキャリア転向しているわけではなく、つねに自分の笑いを全うし、立ち返り、一流芸人としての自分も見せ続け、高い評価をキープしている。

Saxondale: Complete Seasons 1&2 [DVD] [Import]Saxondale: Complete Seasons 1&2 [DVD] [Import]
(2009/01/13)
Steve Coogan、Ruth Jones 他

商品詳細を見る
「Saxondale」がその最たる証明であるわけです。

おおっと、そんなことを言っていたら、最近のインタビュー記事でも、同じことを言っているのを発見! ”I knew that I’d been written off by the comedy fraternity as someone who just did impersonations. That really bothered me, so I hatched this plan to do a show based entirely on characters, without any impersonations. There was definitely an “I’m good at this and I want respect” side to it,’ he says.”だそうです(ソースはこちら

 その一方、「ニクソン」や「クイーン」で見せたMichael Sheenの演技とか、見事なまでのimpressionで実在の人物を演じ、国際的に知名度をあげ、高い評価を受けている、という事実が。え、じゃあ、impressionで突き進んでいたら、よかったのか? というジレンマ。しかし、それでは彼がやりたいこと、そして「キャラクターコメディアン」としての素晴らしい才能は開花されなかったであろう...  

以下、2人のやりとりです。うう、最高のsubtleな皮肉がてんこ盛りです。
(すいません、正確度はimdb程度です。適度かいつまんでます 汗)

Steve: Do you really think, rob?... Straightawary, let me distinguish, I'm a triple BAFTA winning comic.
Rob: COMIC, COMIC.
Steve: Comic actor, yeah, right....

Rob: Michael Sheen... We couldn't have done that the way that Michael does it. Let's face it.
Steve: WE? WE?
Rob: NO We couldn't play those parts.
Steve: You're not the same as him, I'm more similar to him.
Rob: So why don't you do the sort of roles that he does?
Steve: Because no one will give those roles to me.



**余談**

この後ロブの声を商売にしたアプリが新発売になるっつ~、くだりになるんですが、これはまた(絶妙なタイミングの)せつない皮肉ですな。この秋からこぞってコメディ番組や芸人がフィーチャーされたアプリが目立ってますもん。スティーブだって作ったら、バカ売れすると思う。でも、これを見てる限りじゃ、作りそうもありませんな(苦笑)
the trip2




[ 2010/12/07 23:55 ] steve coogan | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。