Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  スポンサー広告 >  Tom Basden related >  あの!新進イケメン芸人がカフカの名作を21世紀にリ・イマジネーション(笑):「Joseph K」上演中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あの!新進イケメン芸人がカフカの名作を21世紀にリ・イマジネーション(笑):「Joseph K」上演中!

いますぐロンドンに行きたいっ!!(号泣)

なぜかといえば、コメディ部が偏愛するコメディ集団「Cowards」のリーダー格であるTom Basdenさんが手がけた「Joseph K」がロンドン、ノッティングヒルのGate Theatreにて上演中なのです! (*バスデンさん、およびCowardsについては右下のカテゴリーをご覧下さい)

30309.jpg
Tom Basden and Tim Key in Joseph K at the Gate Theatre Photo: Tristram Kenton www.thestage.co.ukよりお借りしました


これは、あの!カフカの「the trial/審判」を現代社会を舞台にダーク・ユーモア満載に芝居に仕立て上げた(らしい)もの。この時点で、観たい欲求がマックスレベルに達します。

共演者はこのブログではおなじみの09年エディンバラ・コメディ大賞受賞者であり、Alan Partridgeの最新ネットTVでsidekickとしていい味だしてるTim Key。(こちらも詳しくはcowardsカテゴリーをご覧下さい)

レビューによれば、バスデンさんは、21世紀にはびこる理不尽きわまりない世の中を反映させて、カフカの原作そのものが持つダーク・ユーモアかつ不思議ちゃんワールドを見事に蘇らせているらしいんですよ!!!
パラパラとレビュー見ても、バスデンさんの脚本と、ティム+バスデンさんのコンビ芸(?)を絶賛絶賛していて・・・

くか~~~~(悔)観たい、みたい、観たい・・・

コメディアン→舞台演出家/脚本家にとらばーゆしたPatrick Marber/パトリック・マーバー氏(有名どころは「 closer」です)を彷彿とさせるほどの、ずばぬけたスクリプトの才能を持つバスデンさん。彼の前作「the party」はホントにホントにホントに文句のつけどころがないほどの秀逸な寸劇でした。絶対にこの作品も傑作中の傑作のはず!コメディ部的に、観れないことが一生の後悔になりそうです。

見てください!このPR映像を!!! かっこよすぎませんかっ?! みたいみたいみたいみたいぃぃぃぃ!!!



しかし、バスデンさんは、ホントに自己PRしない人。twitterもやってないし、facebookも死んでる状態。
前から宣伝してたら、頑張って飛ぶことを考えられたかもしれないのに、もうこんなにギリギリでは・・・(涙)

どなたか、ご覧になった方がいらっしゃったら、感想教えてくださいいいい。(涙)
[ 2010/12/12 13:03 ] Tom Basden related | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。