Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  英国コメディオタクが選ぶ今年のベスト・芸人は?☆The Chortle Comedy Awards発表!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英国コメディオタクが選ぶ今年のベスト・芸人は?☆The Chortle Comedy Awards発表!

いまや、一番影響力があると思われる英国コメディ・サイトChortle.co.uk

chortle.jpg


とにかくコメディが大好き!というSteve Benett氏(氏自身は芸人でもなんでもないです)が、才能ある芸人たちに愛あるレビューを書くことで
コメディ好き男子、そしてツワモノ芸人たちの間で、非常に高い信頼と評価を得てきたサイトです。
評判が定着してからは、ChortleブランドでStudent Comedy Award をもうけたり、Video Uploadingもおこなったりと、活動の幅をどんどん広げていき、ここ近年ではThe Chortle Comedy Awardを開催。
エディンバラのコメディ大賞をはじめ、今まで成功の登竜門だとされていた数々の賞たちが、
予算カットや業界の政治的、社会的事情により次第に重要な意味をなさなくなってきてしまっている一方、
こちらはコメディ好きが集まるポータルサイトでの投票制度なため、年々高い注目を集めています。

先日、そんなChortleでComedy Award受賞者が発表になりました。
受賞者は以下のとおり。

☆Best newcomer: Diane Spencer
キウイーランド出身のきゃわいい29歳です。Lucy Porterの登場あたりから、美人&キュートなスタンダップ・コメディアンヌが増えていますが、きゃわいいです。こちらのクリップでもエディンバラ遠征話のつかみで、内蔵ネタを持ち出すところなど、きめこまやかなシャレがうかがえて好感度グーです。


☆Breakthough act: The Boy With Tape On His Face
昨年大変注目されたアクトです。メジャー賞では日の目を見ていないというのに、Chortleではバッチリ反映されてます。→エディンバラでのライブクリップはこちら


☆Best headliner: Milton Jones
この方、スタンダップでは一発ギャグ(=One Liner)をスタイルにしております、はい。いきのながいベテランさんです。

☆Best compere: Stephen Grant
離婚と元妻とのバトル騒動をネタに芸人としての魅力をバッチリ出していたのは、さすが芸人魂のなせる技でしょうか。その関連クリップがどうしても見つからないので、昔のクリップをリンクしときます。。。

☆Character or sketch act: Late Night Gimp Fight
こういうのも、イギリス発であるんですよね(汗)。。。普通にやってりゃイケメンの部類に入ると思うんですけどね。。。そこをあえて、さけるところに芸の道への真剣さを感じますね。

☆Music Or Variety Act: Tim Minchin
☆Best tour: Tim Minchin and his orchestra

ピアノをかなでながらネタ披露の実力派です。クイズ番組などのパネルショーでもお見かけすることが多いはず。オージーですわ。ライブDVDも出てますし、ある意味受賞は当然・・・かも?

☆Best show: Kevin Eldon Is Titting About
本ブログでも何回かお話しましたが、私はKevin教徒です。今年のエディンバラは主に、このショーが目的でした。
というのも、あれだけ、ライブでもテレビでもさんざん(知る人ぞ知るで 汗)活躍しまくりなのに、初のソロ・ショー!だったんですよ。。。 ハッキシいってPRなんかまともにしなくたって全ソールドアウトでした。数あるKevinの傑作キャラでも、今回のライブでKevin Eldonの”前座”として登場したキャラPaul Hamiltonには、なつかしさとおかしさで涙がでました。。。


☆TV and radio award: Michael McIntyre’s Comedy Roadshow
スタンダップ界に非常に影響力を持っておりますね。マネージメント会社は、売り出し中の芸人をどうにかこのショーにねじ込もうとする、そしてその後の注目ぶりは必至。マイケル・マッキンタイヤ、こないだ9歳の子ども泣かして記事になっちゃってましたけど(笑)この人のフレンドリーかつ、万人ウケするようなネタみせに見せかけといた痛烈シニカルジョーク・テクは、非常に評価が高いです。

☆Best DVD: Stewart Lee: If You Want A Milder Comedian, Please Ask For One
このブログに足を運んでくださる方は、もう耳にタコができかかっているのではないかと思いますが、
信者にとってはある意味トーゼンの、受賞です(キッパリ)
受賞理由の一つは、今人種差別ジョークでSteve Cooganに非難され、渦中にあるTOP GEARのお三方を、めった切りした殿堂入りの名作ネタが入っているからではないかと思っているのですが・・・(笑)

☆Internet Award: Richard Herring: As It Occurs To Me
先日本ブログで紹介したポストオルタナコメディのツワモノ芸人リチャード・ヘーリングのポッドキャストがなんと、強豪アラン・パートリッジを破って見事受賞です。ホントに、彼は、世間の冷たい風に吹きさらされすぎて少々やばいことになっていたので、これをきっかけに、才能と、メジャー度がもうちょっと釣り合ってくれたらうれしいです。

☆Award for innovation: Invisible Dot (a production company)
こちら、コメディ部でもネット・ストーカー中の、ファジーなプロダクションです。まもなくきっちりご紹介予定のマーク・ワトソン、The Cowardsの面々、コメディ部超ご推薦のジョニー・スイート君、リッキー・ジャーヴェイスとくれば、のスティーブン・マーチャントなどなどが、ファジーに所属し、活動しております。プロジェクトが非常にユニークで今年のエディンバラでは、3way footballやbeachsideでのライブなどやってました。

☆Offstage contribution: Karen Koren of the Gilded Balloon, Edinburgh
このハコは非常にかっこいいです。

☆Judges’ Award: Chris Sievey for Frank Sidebottom
お亡くなりになりましたのでね。。。(涙)ここにトリビュートさせていただきます。

☆Outstanding contribution to comedy: Victoria Wood
奨励賞みたいなもんですかね~。活躍してましたもので、先日BBCでやってたドラマMorecambe and Wise(注:念のため、実在のコンビ芸人です)の脚本書いて出演してましたですね。非常にじんわりくるドラマでした。いや笑えるというのではなくて、夫役が90年代に一世を風靡したVic Reevesてのも、ツボでした。。。

[ 2011/02/10 16:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。