Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  偉大な芸人の衝撃の半生を、リトル・ブリテンの「彼」が熱演!☆Frankie Howerd:Rather You than Me. 観ました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

偉大な芸人の衝撃の半生を、リトル・ブリテンの「彼」が熱演!☆Frankie Howerd:Rather You than Me. 観ました

BBCで、再放送になってたドラマFrankie Howerd:Rather You than Me. を発見し、オタクの本能が爆走しました。



これ、2-3年前に放送された(らしい)legend of comedy シリーズ3部作の1作で、二昔~三昔くらい前に活躍した超有名芸人を主人公にした60分ドラマです。このFrankie Howerd:Rather You than Me. では Frankie Howerd/フランキー・ハワードの半生を、あの、「リトル・ブリテン」でおなじみのDavid Walliams/デヴィッド・ウォリアムズが演じております。

ちなみに2作目は Jason IsaacsとPhil Davis扮するSteptoe and SonのThe Curse Of Steptoe。
3作目はWalking the DeadでおなじみのTrevor EveがHughie Green扮する Most Sincerely。

なんと、thelegendsofcomedy.jpg
DVDになってました。。。(汗)

というわけで、最新情報でなくてすみませんが、以下感想です。


***時間はたったの60分弱とコンパクトなもんで、さらっとしてるのかと思いきや、とんでもないプロット展開!*** 見終わったあと、しばし放心状態でした。芸人さんのプライベートライフがどれほど、コメディとかけ離れているか、いや、むしろ、笑いを生み出すために、どんだけ、精神的に追いつめられなきゃいけないか(笑)ご見学なさりたい方は、ぜひ続きを読むをクリックください。。。(ネタばれしてま~す)

(下方のキャプり画像はマルC BBCです~) 

フランキー・ハワードといっても、その活躍は50年代からで、92年にはお亡くなりになってらっしゃる方ですんで、さすがのオタクも(笑)胸を張って「~を現役で観た!」などと言えないんですが、私が滞在していたころのイギリスってイイモノを半永久的にゴールデン枠に再放送するもんで、Up Pompeii! ってコメディ番組を再放送してたんですよね。あのローマ時代のポンペイを舞台に、奴隷役のフランキーがfoolの役割をにない、ご主人様やお偉いさん、その娘たちなんかとともに繰り広げるナンセンス物語。東ロンドンEarling Comedyの代表格として有名なCarry On シリーズみたいな感じ? 
 なので、フランキーというと、その印象が強烈にあるのですが。

というわけで参考資料。そのUp Pompeiiの映画版が全編(爆)YOU TUBEにアップされてるので、pt1だけあげときます




じつは、彼はゲイだったんですね。でも絶対ばれないようにかくしていた。というのもイギリスでは、当時同性愛は禁じられていて、ゲイだとばれたら、輝かしい芸人人生が終わってしまうからです。お母さんだってぶっとんじゃう。
 で、あるときウエイターのデニスっていう魅力的な男性に出会い、ビビビっと。
本気印の恋に陥っちゃうんですね。2人は本当に愛し合う。それなのに、合い言葉は”discreet” 。デニスはひたすら身を隠し、心の奥底で"I love you"と言ってくれる日がくることをひっそりと願いながら、耐えるんです。
フランキーはデニスがいないといきていけないのを感じているから。(涙)
人前に立ち、面白い話をし、大勢の人をどっと笑わせる"funny man"フランキー・ハワードの中に、
自分自身に”吐き気を催す”と、自我を忌み嫌い、最低だと蔑む、心の病にもがき苦しむもう1人のフランキーが住んでいたからです。そしてそんな負の思考は、フランキーをどんどん追いつめ、コメディアンとしてのキャリアも影響を及ぼすようになるのですが。

 そんななか、デニスは、フランキーの運転手、マネージャーなど、転々と表向きの職業を変えて、フランキーを支えていきます。あまりに虐げられた生活に我慢ができず、喧嘩わかれしたこともありましたが、破滅の道へとまっしぐらなフランキーを見捨てられず、戻ってくる。そして、彼の屈折した思考の元凶ともいえる、おぞましい過去を知る。

 フランキーは少年時代、父親から性的虐待を受けていたんです(号泣)

 転機が訪れたのが、Evening Standards Awards(タブロイド紙主催のエンタメ賞)でのネタみせ。芸人人生に終止符を打つための最後の仕事として受けたはずが、若かりし日の故・天才エリート芸人ピーター・クックPeter Cook (→本ブログ内でもご紹介したことあります!)と出会い、彼の仕切るコメディ・クラブにレギュラー出演することになるのです。
 60年代と時代もかわり、それまで”面白くない”とダメだしされてきたフランキーのエッジの効いた笑いのスタイルがロンドンに住むコメディ好きのインテリに理解されるようになるんですね。再び、スポットライトの中で喝采を浴びるようになります。
 
最後のライブは90年、ロンドンのGarrick Theatreです。楽屋でかわいい男の子を見て、ついついベルトをはずしはじめるフランキーですが、デニスに見つかり、そそくさと。。。(笑)
「さっきはごめん」「いいよ、別に慣れてるから」の言葉は、なんだかとってもよくある会話のように聞こえ、2人の絆がとても強く感じさせるエンディングとなってました(涙)

「フィリップ、きみを愛してる!」でも思ったのですが、

ピュアでOne Loveな恋愛気分に浸りたい方に
絶対おすすめです!!!


以下、耽美な(マジで。)ラブシーン。まさか、デイヴィッド・ウォリアムズで萌えると思わなかった(汗)

孵卵器ー3 孵卵器ー2 孵卵器ー1
[ 2011/03/05 15:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。