Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  スポンサー広告 >  Tom Basden related >  英国紳士コメディアンの曲をお茶でも飲みながら聴いてみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英国紳士コメディアンの曲をお茶でも飲みながら聴いてみる

先週はフライ&ローリー祭りと称して、過ぎし時へのノスタルジーに浸ったりしていました。
が、思い出したんです。英国紳士コメディアンが若手にも存在したことを!! ケンブリッジ・フットライツ発のコメディ集団 : Cowardsの静かなるドン、トム・バズデン様です。29歳にしてそのハンサムな顔には憂愁が刻まれ(笑)、長身の佇まいもいっつも寂しげなトムです。

tombasden

そしてサイトに行ってみたらば、新しい動画が出てるではありませんか。そしたら・・・やっぱ良い!クスッと笑えるし、何より寂しい旋律が良い!以前「音楽としても質のいいコミックソングを作りたい」とか言ってただけあって、新作もそれぞれ一つの曲として楽しめました。
というわけで、今回はTom Basdenワールドの一片を見ながら語りたいと思います。

まず一曲目は"Neighbours"。これは元々オーストラリアの長寿ソープドラマのことでして、まあタイトル通り"ご近所さんたち"の激しい物語が繰り広げられるというものです。この番組はイギリスでも非常に知名度が高く、むしろ本国オーストラリアより人気があるくらい。
(フライ&ローリーもパロディやってました。↓こんなの)


これはそんな番組への妄想について歌った曲です(笑)。

トム本人が投稿する動画では、服装とか家の中とかもついつい注目してしまいます。シャツが爽やか。


 私は"Neighbours"視聴者ではないんですが、曲の最初から結構笑えました。
「最近、NeighboursのSusan Kennedyが実生活ではlesbianじゃないって聞いたんだ・・。それだと僕が若いときに、Susanと一緒になれない理由として考えた説明がムダになるんだよな・・。」とか、
「想像の中では僕は15歳で、Susanは僕の前で歴史を教えてて、2人の目が合い・・。彼女は僕に夢中になりすぎてて、Toadfishが席を立って、授業を邪魔してるのにも気づかなくて・・・。」とか・・・・
微妙なシチュエーションを真剣な表情で歌ってるとこが素晴らしいです。"それが良いご近所さんってもんだろ?"というのがこの曲の教訓でしょうか・・・?

単語メモ:
キャラ名・・・Libby Kennedy、Toadfish、Harold Bishop、Karl Kennedy
make a mockery of~  ~を徒労に終わらせる、あざ笑う
be caught up in ~   ~に熱中する   
coitus  (医学用語での)性行為

これはずっと前の動画ですが、超お気に入りの一つです。

家にゴーストがいるけど、彼は大抵外出してるから・・・という、シュールな名曲。

もう一つオススメなのが、こちら(埋め込み禁止なので、クリックでどうぞ)。言葉遊びや韻の踏み方が本当に美しいです。lose one's bottleはイギリス英語で「気後れする」という意味ですが、"Don't lose your bottle, unless it's a message in a bottle. Then it's quite important that you lose it."のように、全てのフレーズを文字通りに取るひねくれ具合がむしろ心地いい(笑)。

(おまけ)
最後に、トムがコメディー以外で投稿していた曲を。ママ・ミアのカバーだそうです。名曲もトムの手にかかると寂しげに・・・!彼なら日常的に"My, my..."とか言ってそうな気もします(日本語だと「あらまあ」って感じでしょうか 笑)。


彼の他の作品は、公式ブログで聴けますのでぜひぜひ!

[ 2010/08/25 19:10 ] Tom Basden related | TB(0) | CM(2)
拍手のお返事(8/25)
いえいえ鱗さん、食いついて下さるだけで嬉しいです!そうですね、このスケッチは・・めちゃめちゃ誇張されたオージーアクセント&文化、そして昼ドラっぽいシリアスなセリフを使いまくってるんですよね~。

Stephen、「実は、これまで浮気してたんだ・・君と。」って本人に言ってどうする・・。だから、その後のヒューBの"behind my back"は普通「俺のいない所で」ってことですが、この場合とんでもない意味になるわけですね(あと"to my face"も・・って、嬉しそうに語っちゃダメ!笑)

ハウス先生がそんなことを!まだその回まで辿りついてないので今から楽しみです~。情報ありがとうございます。チェイス君の英語は可愛いですよね。そのマネをかますヒュー様Bはさぞキュートなことでしょう。

ぜひぜひ、ヒュー様の後輩、トム君もよろしくお願いします(ちょっと彼、暗いですが 笑)。
[ 2010/08/26 13:49 ] [ 編集 ]
追記です:拍手のお返事(8/25)
鱗さんへ:
重要なことを忘れてました。HOUSE M.D.のチェイス君(ジェシー・スペンサー君ですが)、彼は"Neighbours"のまさにケネディ家出身なんですよ!(笑) だからHugh様Bのパロディと、ハウス先生のチェイスの物真似は時代を超えてシンクロしているという・・・!!すごい!ますますそのエピソードが楽しみになった次第です。
[ 2010/08/26 17:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。