Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  スポンサー広告 >  The adventures of Tin Tin >  無情にカットとなった(涙)サイモン・ペッグ&ニック・フロストとの”共演”に関するジェイミー・ベルのコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

無情にカットとなった(涙)サイモン・ペッグ&ニック・フロストとの”共演”に関するジェイミー・ベルのコメント

こんにちは。

昨日11月26日、雪をすっとばし雹が降って来たエディンバラより愛を込めてお笑い記事を綴るwhiteanklesocksです。

映画「タンタンの冒険」12月公開に先駆け、先月、先々月と断続的にジェイミー・ベル・フィーバーをおこし、海外コメディ情報のために本ブログへお越しいただく皆様に多大にご迷惑をおかけしました。
おまけに、ジェイミーに質問したサイモン・ペッグとニック・フロストとのからみについて、「詳細はAERA ENGLISH1月号にて!」と言い残し、たったか逃げた私です。

 で。
 実際に「AERA English (アエラ イングリッシュ) 2012年 01月号 [雑誌]」を見ていただければわかると思うのですが、(はい、あの韓国超人気アイドルCN BLUEが表紙のやつです。CN BLUEが表紙なので、とってもすぐに売り切れると思いますので、皆様お早めにお買い求めを……)ジェイミーのインタビュー記事を、どんなに目をサラのようにして読んでいただいてでもですね、サイモンとニックとのからみについてのコメントが書かれていないんですね。

字数の都合で、余計なところ(=サイモン・ペッグとニック・フロスト)はカットしなきゃいけなくてですね。
はい、スピルバーグの話でもタンタンの話でもなく、脇役のコメディアンの話など、日本じゃどう考えてもまっさきにカ・・・

というわけで、日本に数多くいらっしゃるサイモンとニックのファンに大変申し訳ない(?)ので、テープおこしまんま、のコメントをはりつけます。「PAUL」ももうすぐ公開ですよね! そういえば!!!




ワテクシの質問→ UK comedy wise, this film is also very fascinating as Edgar Wright and Steven Moffat were writing the script and Simon Pegg and Nick Frost were playing twins. How did you like the shooting from that perspective?

ジェイミーの答え→ Simon, Nick presented something to the movie, that was desperately needed. A sense of relief. A sense of, a kind of, your amusement. I think a lot of stuff coming from Tintin and Haddock is extremely funny, and Snowy and Haddock are very funny too. It's much as that the movie, action-adventure film, characters, and you love the characters, you know? They (Thompson and Thomson) compliment each other very well, just like you can’t have Tintin without Haddock. They need each other like this. They work each other. They feed each other. They work off with each other. So we really used those two characters and put them into these kind of situations, I mean, which is all Herge’s creation, certain secresicm in the film, lifed directly out of the book. Such a high stakes adventure, mixed with very humourous and funny characters, that’s typical of, spilberg film look of a Tintin adventures. So we wanted to maintain the level of great adventure but also a great humour.

(要約:サイモン・ペッグとニック・フロストはこの映画にどうしても必要な“箸休め”的な要素となったね。原作者の描く冒険に満ちあふれる一方、ユーモアとおかしな登場人物が共存する世界――――それってスピルバーグがみるタンタンの世界でもあるんだ。)

[ 2011/11/27 06:09 ] The adventures of Tin Tin | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。