Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  スポンサー広告 >  'the office' matter >  マッケンジー君(The Officeのギャレス)の処女作にしてWaterstones童話大賞ノミネート作読みました☆ The Windvale Sprites

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マッケンジー君(The Officeのギャレス)の処女作にしてWaterstones童話大賞ノミネート作読みました☆ The Windvale Sprites



マッケンジー・クルック/MacKenzie Crook君が昨年(2011)に発表した話題の童話です。



Waterstones Children's Book Prizeノミネート作


マッケンジー君が書いた童話、というだけでも興味津々でしたが、
本屋で手にした瞬間
”アレも読まなきゃ、コレも読まなきゃ”という家の”積ん読”状況が頭からすっ飛び、レジへ持っていき、
最優先で読んでしまいました。その理由は、

マッケンジー君ご本人による挿絵がめちゃめちゃかわいい!!!

そうなんです。この本、絵も文もマッケンジー君によるものなんです。
この表紙の可愛さ、そして、2-3ページに一度は入っている挿絵が、ものすごくかわいい!!!(アジのある、まさにマッケンジー君らしい”かわいさ”です。)

この挿絵のためだけでも購入の価値ありです。
ぜひこのハードバック版をご購入してください。こっちが絶対によいです。
ひさびさ、宝物としてとっておきたい級な装丁の本に出会ってしまいました。

童話ではありますが。。。

一流の役者さんが書いておる作品だけあって、言葉のすべりが非常によく、読んでいて心地のよい本です。
しかし、”童話”でありながらも、ボキャブラリー的には、一部難しいところもあり、低年齢の子どもを持つ親の多い私の周囲では、図式として下線文

親がマッケンジー・クルック君のファン
→親がマッケンジー君の本と知り、購入
→のめり込むように読み、笑う
→子どもがその様子を見る。
→本が何やら妖精の物語らしいと気づき、興味を示す
→親に話を聞き、読み終わったら貸してくれと頼む
→子どもが読む

といった流れですね。
うちの娘のケースですと、上の要領で読み始めたところ、クラスで一、二を争う優等生が読んでいるマイナーさ加減だったのですが、学校の先生方から”あら、それ読んでいるの?”と話しかけられ、まわりが”おおおお”となり、本人は”え、ちょっとあたしって、エライ?”といい気分に、、、で、くじけず、諦めず、読んでます。


以下はあらすじと感想です。


あらすじ

大嵐の翌朝、家の周辺を散策していた少年エイサはなぎ倒された木々や瓦礫の間から、とんでもない発見をします。それは、小さな体に羽のついた生き物。”妖精”にそっくりではありますが、妖精って実在するのかどうかわからず、エイサは”妖精”について調べ始めることに。お父さんお母さんにそれとなく尋ねてみたり、図書館に行ったりするうち、エイサは今から200年以上も前に、妖精がいると唱えたベンジャミン・トゥースという人物の文献を発見します。彼によると妖精はWindvale Moorにいるとか。エイサはその場所へ向かいますが、もちろん、予想だにせぬことが待ち構えているわけでして……


感想


かわいいのは絵だけじゃない!
マッケンジー君は素で、かわ面白い人だったというのが、骨の随まで実感できます。

物語の最大ともいえる醍醐味は、マッケンジー君があまりにも巧みにエイサの思考回路で物事を綴って行くところにありまして。
たとえば、妖精がいるかいないかを確認するために、お母さんに聞いてみようというシーンがあるのですが、
その理由がエイサがぼーっとしているといつもお母さんに「You've been away with fairies」と言われるからなんですね。 大人の私らなら、”妖精がいない”ということが大前提なのでこの意味を”心ここにあらずで”とか、”空想に耽っちゃって”と受けとめてしまいます。が、少年はそうは考えない(笑)
”母親がこういうということは、じつは妖精の存在は一般常識なのかも。。。”と考えるんです。
そして、さりげなく母親に妖精ネタを持ち出して、妖精に関する世間の常識を聞き出そうとするんですね。

 舞台はエイサの家や近隣の図書館やパブなど、ありきたりの場所ばかりですし、異次元世界に行くこともない。
しかし、こうした子どもならではの思考回路から産まれるユーモアやドラマ、ミステリーと冒険に溢れていて、ページをめくるてがとまりません。本当に素晴らしい作品でした。

絶対におすすめです!!
[ 2012/05/06 07:37 ] 'the office' matter | TB(1) | CM(4)
おおー!天は一体何物をマッケンジー君に与えているんでしょうか?
絵のセンスまでこんなに素敵とは!
なんかもうマッケンジー君自身が妖精のような気がしてきましたv
とりあえずポチっとしてきました~!
[ 2012/05/08 00:14 ] [ 編集 ]
だいこくせんせい Re: タイトルなし
どもです!
あ~、それだ! マッケンジー君が妖精なんだッ(爆)
モロはまりを保証しますです。この本でさらに株が上昇です。愛(め)でまくりです。インディアンと中国人ウソつかないアルよ。

(しかし、本についている作者の写真を見たリアホビに「このおじさんがそんなに大人に人気なのか。。。」と納得いかない様子でうなられて、背中で泣いてます。。。)

 ぜひぜひお楽しみください~~~!
[ 2012/05/08 05:35 ] [ 編集 ]
私もポチッと。
ご紹介ありがとうございます~♪

ギャレスくんとしか知らないのですが(汗、気になります。読んでみます。でも積読が今増えているので、ポチッとといっても、まだ「お気に入りリスト」入りの状態。頑張って今ある本を消化して、購入したいと思います~♪
[ 2012/05/08 23:49 ] [ 編集 ]
猫様 Re: 私もポチッと。
あらっ(嬉)あっちでこっちでこんにちは!です。

今度からはマッケンジー君として認識をば。(笑)ギャレス君じゃないときもめちゃめちゃかわいいです。
家の本より優先してもあんまり時間かからないですよ。絵が沢山あるのと200ページないのと童話だから(笑) マッケンジー君にはもっと書いて欲しいです! ではでは!
[ 2012/05/09 18:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【マッケンジー君(The Officeのギャレス)の処女作にしてWaterstones童話大賞ノミネート作読みました☆ The Windvale Sprites 】
マッケンジー・クルック/MacKenzie Crook君が昨年(2011)に発表した話題の童話です。Waterstones Children
[2012/05/07 07:41] まとめwoネタ速neo
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。