Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  スポンサー広告 >  コバンザメ式に紹介する芸人 >  London 番外編:すいません(汗)関係ないですが、BカンバーバッチのPlayWright Event“LookBackinAnger"行っちゃいました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

London 番外編:すいません(汗)関係ないですが、BカンバーバッチのPlayWright Event“LookBackinAnger"行っちゃいました

こんにちは、ロンドンです。

すいません。(汗)コメディと関係ないけど、
もろもろの諸事情で、本ブログに頻繁に登場しているベネディクト・カンバーバッチ氏が登場した“Play Wright Event: Look Back In Anger"というスクリプト読みイベントに、途中から参加してきました。

いわゆる典型的な理不尽ぶりをはっきするイギリスが私をどえらい目に合わしたため、始まって30分すぎから鑑賞開始。
 不幸中の幸いなことに、有名なお芝居だった&特にローカル社会文化やなまりに苦労しなくてよいイギリス!なお話だったため、30分強のハンディはそれほど痛いものではありませんでした。

以下、このお芝居の感想を。。。書きたいと思います。

royalfcourt.jpg

念のため、Look Back in Anger について

故英脚本家ジョン・オズボーン/John Osborne の出世作といわれている作品ですね。
個人の経験をもとに描いた夫婦のすれ違いと3角関係をメインのテーマとしております。
労働者階級出身のジミーはアッパーミドル階級の女性アリソンと結婚しますが、生い立ちが違うので、何をするにも、互いが互いに壁を感じあう生活に。ともに過ごせば過ごすほど、内面で溝がどんどん深まっていくという状況下、アリソンは子どもを身ごもってしまうんですね。こんな状況で、子どもなんて生んでいいのかどうか、なんて悩んでいたところ、親友へレナはアリソンに親身になって、”そんな結婚、結婚じゃないわ。やめちゃいなさい、出て行っちゃいなさい”とアドバイスするんです。で、アリソンはジミーのもとを去る決意を固めます。
 一方そのヘレナですが、ジミーに反目しつつも実は彼の(英国社会に理不尽感を抱いている)反逆児っぽいところに無意識に惹かれていたようで、アリソンがジミーに手紙を残しでていっちゃった後、衝動にまかせて、ジミーと結ばれちゃいます。
 でも結局、誰とくっつこうと男女の関係なんて変わらなくって、ジミーにとってアリソンだろうとヘレナだろうと、ちょっと時がたっちゃったら、似たり寄ったり。になっちゃうわけです。
そこへ、ジミーのもとを去ったアリソンが戻ってくる。。。。アリソンは人生って一回作っちゃった”現実”を簡単にもぎとって、なかったことにしてキレイさっぱり一からスタートなんてできないんだってことを悟り、ジミーのもとから去ったことを後悔しているんですね。
アリソンと再会したヘレナはあらためて、自分が犯した過ちを認識し、ジミーのもとを去ります。
 そしてジミーとアリソンは、以前の暮らしにもどります。
不平不満、わだかまり、互いに受けた傷なんか、すべて観ざる言わざる聞かざるで……。

 と、概要からもわかるように、観客が現実から逃避するための夢物語とは真逆をいく、リアルな問題を真っ向からそのまんま描いたお話です。そのためか、上演を認められるのにエライ時間がかかり、結果的にRoyal Court Theatreに拾われたという。 英国の戦後演劇史を感じますです。。。


このキャストには、カンバーバッチ氏のほかにもレベッカ・ホール(Starter for 10とかFrost vs NIxonとかに出てる人気女優さん)アンナ・M・マーティン(BAFTA賞とか受賞してる実力派女優さん)とかでてました。あとマット・ライアンとかいうイケメンのお兄ちゃんも。(あ、すいません 汗。よく知りません。すみません)結構な面子でした!


カンバーバッチ氏は、当然ジミー役。ですが。。。

また、ずいぶんとオジョーヒンなジミーだったですこと!(爆 
やんちゃっぷりとか、階級社会に対する”anger"は、あふれんばかりに出て来ておって、客席に流れ出すドライアイスの煙みたいでしたけど、
やんちゃとブルーカラーのニホイは、違うんだよな~~~。
フリでいいからワーキングクラスのアクセントにすりゃいいのに、まるでかたくなに拒み、違う解釈で階級のちがいを出そうと模索している印象。。。
なので、階級の違いというこの芝居の肝の部分がぼんやりしてしまっていたのがちょっと残念です。
そのせいか男女関係のelephant in the room 的な、もうひとつの肝テーマがすごく強調されていました。

カンちゃんのやる気と役者根性みたいなのはすんごく強くって、役者5人が椅子に座っての本読みみたいなイベントだったのに、ひとりでいまにもたちあがって演技しちゃいそうないきおいだった(笑 


最後に、この日のカンちゃんの服装など

ちなみにカンちゃんのビジュアルは白いTシャツにジーンズ、ティンバーランドっぽい雰囲気のブーツ靴でドーンって感じでした。 ミネラルウォーターを常備してて、(1人だけなんですが)グビグビ飲みながら本読みしてましたね。(1人でグビグビ飲んでました)


 以上です!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。