Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  スポンサー広告 >  なめるなITV  >  ITVシットコム「Plebs」はウォーミングアップにすぎなかった☆サー・イアン&サー・デレクがハジケとぶITVシッコム「VICIOUS」観ました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ITVシットコム「Plebs」はウォーミングアップにすぎなかった☆サー・イアン&サー・デレクがハジケとぶITVシッコム「VICIOUS」観ました

(*予想以上にご新規のお客様がたに見ていただいているようなので 汗「Plebs」 についてはこちらをどうぞ、よろしくお願いします)


おそらく全世界中のエンタメファンが注目する
サーとサーのシットコム「VICIOUS」が
先日2013年4月29日より放送開始しまして。
世界中の笑い声に呼応してゲタゲタ笑いました。

https://www.itv.com/itvplayer/vicious


クリップをはりつけときます



日本から見れるのかしら? 見れてください。。。

サー・イアンのインタビューもはっつけちゃえ!




番組について感想を書く前に、
これがITVにて放送されたということに、
えらく感銘しておりまして、
まずは、その背景から書いてしみじみしていきたいと思います。
(ああ、長くなっちゃうよ、、、)


最近のITVはコメディ的にヤバかった


いや、もともと大衆向けのコメディだったんですよね。ITVですから。
Carry On Series(英国の大衆コメディの代表格的な映画シリーズで50年代から90年代までコンスタントに制作されていました)やってたわけですし。
ブルーカラー代表、みたいな看板はしょってたわけですよね。
Hit & Missもありました。
Cheesyなのもありました

しかしですね、オタクからオタクじゃない人まで幅広く愛されていたコメディも沢山放送してたんです。
例をあげればMr.Bean ミスター・ビーンですわ。
また、先日もお話した「New Statesman」、

大衆とのインタラクティブなショーを絶賛されていた
Michael Barrymore の番組もありましたし
(彼のその後については、調べず、調べてしまったとしてもそっと胸にしまっておいてください)

ところが、
SPITTING IMAGEを境くらいに、なんでしょう、シャープさがなくなってきてですね、
まる〜〜い感じの、ゆるゆるの笑いになってきてですね、
この枠組み内でなんじゃこりゃ!みたいなええ笑いだったのは、Harry Hillくらいだったのではないでしょうか、
ここ10数年のITV コメディって。

(The League of GEntlemenの1人Steve Pembertonが主演の1人のホリデー•シットコムBenidormも及第点か。。。ぶちぶち)

だんだん Keith Lemonとか
Jason Manfordみたいなのが
「ITV の笑いね!」
というイメージ代表格みたいになってしまっていてですね。
(上記二つ、すみません。BRITISH COMEDY AWARDSとかでよく顔を出しています。本ブログで詳しい説明をしていないという時点で悟っていただければ幸いです。あ、Jason Manfordは悪くないですよ。悪くない。普通に面白いんだと思います。多分)

たまに Forty Something なんていう手合いのものをやっていても
テレビ局ごとスルーしてるので、へ〜!そんなのITVでやってんだ!
なんてことになるわけです。


(60分枠の(コメディ)ドラマは、ずっと、よかったかもしれないです。でも認識しなくなってきちゃってですね)。

そんなわけで、イギリスのコメディ好きの間では、ITVコメディを軽視する傾向にあったわけです。
BBCとChannel 4 チェックしとけばいいや、そんな感じだったです。(個人的な話をしていますが、コメディおたくのネット・コミュニティに顔を出し続け、まったく違和感なくすごしていたのは、きっとみんな同じだったんだと思います、、、)

ところが、せっかくファンの間でできていた
コメディはBBCとChannel 4ね!
あとはComedy Centralでオタクするか、Daveで昔を延々楽しむか的なRoutine
を、
ひっかきまわしはじめたのが、SKY TVでございます。
BBCがコメディ&バラエティの予算をいきなりカットしはじめた事件と交差して、
SKY TVがベテランかつ人気の芸人をつぎからつぎへと(カネの力で)ピックアップ。
この辺りの紛争問題については断続的にあちこちに書いているのですが、こちらなんかが参考になるかと思います
SKY TVが笑いのおもちゃ箱状態になるのです。
いままでのバランスが崩れ、BAFTAの時期めがけての賞レースがすさまじく、10月にはコメディほぼ毎日みなきゃいけなくて睡眠がとれないというコメディ地獄を経験したわけです。

そうしてその激戦レースに、昨年夏くらいから宣戦布告してきたのが、ITVだったんですわ。
「とにかくコメディにカネをつぎ込む!最大規模でカネをつぎ込む!」
 と次から次へと制作発表したんですね。(シツコイようですが!その目玉の一つがPlebsでした
 そのあまりの豪華さと魅力的なラインアップに、みんなが凍りました。
その一つがサー&サーのシットコム「VICIOUS」でございます。

第1話は
斜に構えてみるひともいれば、素直に楽しむ人、こき下ろす人も入れば、両手をあげて盲目的に絶賛する人とさまざまです。
個人的には、すばらしいものだったと思います。

よって以下にあらすじと感想を書きたいと思います。









すでに、とんでもない文字数を書いてることに気がつきました。。。。



ええと。。。

たたみます。

あらすじと感想は 続きを読む をクリックしていただけると幸いです

あらすじは•••

舞台はロンドン、コベントガーデンなんて一等地の小さなフラットに住むフレディとスチュワートは、45年つき合っているカップル。スチュワートは今だお母さんに自分がゲイだと、ともに住んでいる男性はフラットメイトではなく彼氏なのだということができておりません。フレディは、俳優ですがもうずっと活動をしていない(役がまわってこない)”俳優”ですが、過去の出演作を見てもエキストラなのか役がもらえているのかわからないレベルの俳優です。そして2人はどうして40年以上も同じ屋根の下で暮らして来れたのか、と不思議になるくらい、互いへの嫌味と攻撃がネバーエンディング、なわけです。

第1話目は、スチュワートは母親の電話から友人クライフが死んだと知らされショックを受けるところからスタート。その後、ちょっとラフな感じの、同じ建物内の物件を見にきた若い男性アッシュが、間違えてフレディたちのフラットが物件だと思いピンコーン。いきなりの呼び鈴にイラっとする2人(フレディ)ですが、ロンドンなまりのラフなオトコの魅力を持った彼に、いきなり声のトーンと表情が代わり、やや強引に中へ招き入れます。
 アッシュがおトイレ休憩しているときに、今度やってきたのはフレディたちの友人ヴァイオレット(ストレート)彼女もおトイレから出てきたアッシュをみて、フレディよりも大胆な攻撃モードに入ります。
 そんなこんなで、クライフのお葬式日。ヴァイオレットのほかに、長年の友人ペネロペとメイソンも集まり、みんなでしんみり(?)そこへ、引っ越す事にしたというアッシュがピンコーンとご挨拶。まったくもって無関係なのに招かれて、知りたくもない知られざるスチュワート、クライフ、フレディの三角?関係を知らされることになります……


感想
あのですね、このシットコム、すんごい賛否両論で
「面白い」「これは好感度100%」っていう人と、「なんじゃこれ、いつの時代のコテコテのシットコムだよ」っていう人とまっぷたつにわかれています。
 テレグラフ紙の評価が酷いですね。
http://www.telegraph.co.uk/culture/tvandradio/10026311/Vicious-ITV-the-least-funny-new-comedy-in-recent-memory-review.html
 
 ガーディアンはこちら。観客入れてのスタジオ録画で、笑いの音入ってて、フリがあってオチがくるってのが、
 キチキチしているのが気に入らないようです。
http://www.guardian.co.uk/tv-and-radio/2013/apr/30/vicious-job-lot-greggs-tv-review

しかも、なあに(爆)ライバル局BBCのこの態度は…点、い、いやらしい。。。

http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-22350419

ワタクシは、非常に楽しんだ組の1人です。
そして、おたくとして、このアンチの人たちに声を大にしてもの申したいです。(現状コワくて日本語だけですが。ええ、おっきなチキンです)
あなた方、誰に何を期待しているんですか、と。
サー&サーに次のトレンド作っちゃうぜ的な意味での、革新的なコメディを期待して、どーすんですか、と。
アホじゃないですか?(毒)
この人たちは、世界がヒレフする役者さんですよ。
役者さんです。
アーマンド・イアヌーチせんせいの新しいコメディと同じようなこと期待するのが、間違ってるでしょう。
「ダーマ&グレッグ」のクリエイターである書き手だって、このお二人が最善の形で光り輝くための
脚本を書いているわけですよ。
ディフォルト設定を勝手に読み違えて、
文句タレないでいただきたい。

サー&サーが作り出した世界は、サー&サーならではな、小気味良いくらいの自虐であり、
まるでナマでお芝居を見ているような空間を作り出していました。さらには、その空間がテレビの外まで広がり、視聴者を包み込んでいました。まるでウエストエンドでお芝居を見ているような気分。
ソリッドシチュエーションで、オーディエンスを入れて収録とは、かなりクラシックな手法ですよね。今まで沢山見て来ましたが、あのライブ感は、他に類を見ないレベルであり、
それはあの名優だからこそのなせる技なのではないかと思います。
言葉の運びも丁々発止な(ああいえばこういう?)やりとりも、お芝居を見ているみたい。

ネタがゲイと高齢とyoung at heartなので、ジョークも非常にわかりやすく、国境も老若男女を問わず誰が見ても
笑えるネタでした。このクオリティの高い、誰が見ても笑えるコメディって、意外とないんです! 
下ネタあり、って書いてあるけど、そんなふうに全然感じなかった! (子どもに見せられるとか思ってました…)上品でした!


どうしてこんなに長くかけるのか、不思議なくらい書いてしまいました。
本当に失礼しました。。。

[ 2013/05/03 05:39 ] なめるなITV | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。