Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  スポンサー広告 >  独断と偏見 >  今年の大注目映画!:Scott Pilgrim vs. the World

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年の大注目映画!:Scott Pilgrim vs. the World

巷では署名活動も行われ、日本公開するかな?というフンイキを漂わせている映画、
スコット・ピルグリム。Oni Pressのコミック原作ですが、コメディ的にも見逃せない作品です、よね?

SP_convert_20100918155731.jpg

(大体こんなあらすじ)
舞台はカナダ、トロント。友達とバンドをやりつつ、のらくら暮らしている20代のプチスラッカー、スコット・ピルグリム(マイケル・セラ)。アジア系の女子とデートしたりなんかしていたが、ある日、謎めいて魅力的なラモーナに出会い、恋に落ちる。しかし、ラモーナを彼女にするにはまず"7人の邪悪な元カレ連盟"をぶっ倒さなくてはいけなかったのだ・・・・・!

TVゲーム的な描写やポップカルチャーの影響だだ漏れ、オタク度満載の今作を監督したのは・・・・そうです、エドガー・ライト様です。(エドガー氏のかっこよさは下画像その他参照。先日エンタメウィークリーの写真にまじウケしたのですが、EWで元ネタを見つけられなかったので載せるのを断念。。。その画像とはコチラ
edgarwright

エドガー氏といえばコミック&映画等のオタクネタが爆走するシットコム"Spaced"、ゾンビ映画への敬意が詰まった傑作"ショーン・オブ・ザ・デッド"、Simon Peggが宙を舞う"ホット・ファズ"などなど。。オタク的なポップカルチャー、パロディーネタを根本におきつつ一般の観衆にもウケるコメディ作品を作っていて、日本でも非常に人気が高いですよね。

このスコット・ピルグリムも気が早いことに、Shaunのプロモーションをやってた時期から彼にオファーが来てたんだとか。ファイトシーンで"K.O.!"と鳴るこの作品にガチでゲーマーのエドガー監督を選んだのは、まさにぴったりとしか言い様がないでしょう(笑)。
本人も、「昔からずっと映像的にイマジナティヴなコメディをやりたいと思っていたから、このオファーは本当に贈り物みたいだった」そう。(ソースはこちら)

そんなエドガーが今作の主役に選んだのが、マイケル・セラ。
scottpilgrim2_convert_20100919124453.jpg
(オタクたちの心をガッチリ掴むであろう可愛さのメアリー=エリザベス嬢はデス・プルーフのあの美少女です!!)

今、さえないキュートな男子をやらせたら一番、のマイケル。カナダの子役出身で、コミカルな演技は絶品です。ジャド・アパトウ氏&セス・ローゲンの"Superbad"でも主演し、カナダのコメディ・アウォードを受賞してますね。これからの活躍にも期待です。童顔だから、原作のアニメっぽい絵にも結構似てるかも・・・・(笑 原作サイトはこちら)

エドガーがマイケル・セラ主役で撮るってだけで、コメディとして注目ですよ・・・はあ。公開されたら絶対スクリーンで見たいスコット・ピルグリム、要チェックです。

あえてここで予告編Bを載せてみました。


マイケル・セラもキーラン・カルキンの演技も見るのが楽しみです。が、ホントはこの"元カレ"の面々がもっと気になる!!(笑) 1:08でストップ!!クリス・エヴァンスです。
1:53でまたストップ!じぇ、ジェイソン・シュヴァルツマンだ~♡ このコミック的な衣装もめちゃめちゃかわいいです・・・。そして、2:11で最終チェック。ブランドン・ラウスの金髪は私にとって今作の爆弾級の萌えポイントです(笑)。ブランドンをもっとこういうアホな役で使ってやっておくれ・・。

[ 2010/09/19 15:00 ] 独断と偏見 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。