Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  スポンサー広告 >  The Thick of It related >  Fortysomething出演の大物コメディ俳優とは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Fortysomething出演の大物コメディ俳優とは?

前回の続きです。

ヒュー様BとBenedict Cumberbatch様が親子役という、何とも豪華なTVコメディ"Fortysomething"。それだけではなく、コメディ的に注目の俳優さんも脇役に出演してました。。。

ピーター・カパルディ氏です。Fortysomethingでの役は、主人公のDr.スリッパリーの同僚・宿敵・変人のピルフリー。歯を見せてにかっと笑う笑顔は怖すぎるし、ポールや奥さんのエステルににじり寄っていく様は猛禽類のようですごいインパクトだったのですが・・・・私の脳内にはただ一人、この方が浮かんでおりました。
the-thick-of-it.jpg
((C)BBC, The Thick of It)
役名、マルコム・タッカー様です。

彼が近年大ブレイクしたのは、Fortysomethingの2年後。BAFTAの常連ともなったArmando Ianucci氏のコメディ”The Thick of It”のマルコム役によってなのです。BAFTAのベスト・コメディ・パフォーマンスに2回ノミネートされ、うち1回は見事受賞しております。
本作は英国政府の舞台裏を描くコメディでして、マルコムは、スコットランド訛りモロ出しで相手を罵りまくる最強のスピン・ドクター。会話にFワードを可能な限り詰め込むMalcolmにはほんっと感動します・・。

ここまで来ると感服するしかない、swearingの芸術をご覧下さい!何回ふぁっきんぐと言っているでしょうか。


カパルディさんは40サムシングの他にも、ブレイク前には"Peep Show"や"My Family"にゲスト出演、ブレイク後は"トーチウッド"、"Skins"、"The Devil's Whore"等で脇役としていい味だしてます・・が、Thick of itの印象が強すぎて、今みると"タッカーさん?"としか思えないのですよ~。
なのでこの40サムシング。革ジャンで"Love me do"を熱唱するピルフリー役はホントに爆笑・貴重映像でした。

The Thick of Itはシーズン3まで絶賛DVD発売中であります(笑)!童顔芸人・クリス・アディソンも若者役で出演しておりまする。
thickofit_20100929200248.jpg



[ 2010/09/30 20:20 ] The Thick of It related | TB(1) | CM(7)
いいですね!ピーター・カパルディ
スコットランド訛りを調べていたら、こちらに辿り着きました。「The Thick of It」、いいですね。どんどん引き込まれてしまいました。「swearing芸術」(笑)同様、ドラマ自体にもリズム感とスピード感があるからでしょうか。でもDVDは日本ではまだ手に入らないのかな?ピーター・カパルディさんのような俳優を見ていると、日本で言うところのコメディアンとは、その意味において大きな違いがあることをひしひしと感じます。
[ 2011/02/16 17:41 ] [ 編集 ]
Re: いいですね!ピーター・カパルディ
swearing芸術、たまらないですよね(笑)。コメントありがとうございます。
私もカパルディさんのド迫力の演技や訛り、および猛禽類のようなご容貌(?)が好きなので気に入っていただけて嬉しいです。ファンをまた一人増やしたな、マルコム・タッカー・・・笑。
DVDはまだ日本ではamazon uk経由などでないと手に入らないですね~。でもyoutubeではどうやらほとんどのエピソードがアップされているようですよ!!(もうご存知でしたらすみませぬが、ご参考までにURLを→http://www.youtube.com/watch?v=NSRN8O4ULQs)
[ 2011/02/16 22:23 ] [ 編集 ]
youtubeご紹介有難うございます
早速見てみました。スコットランド英語はもちろんですが、このドラマをちゃんと楽しむには、イギリスの政治に関する知識もある程度必要なのではと思いました。なんだか、楽しみが増えてきました。有難うございます。(^-^)/
[ 2011/02/17 12:31 ] [ 編集 ]
Re: youtubeご紹介有難うございます
コメントありがとうございます。ご参考にと思い、追記です~。この作品のクリエイターが参考にしたという本の一つに、Andrew RawnsleyのServants of the Peopleがあります。
ちょうど、1997年のnew labourとかの頃のイギリスの政治を内側から赤裸裸につづっているもので、非常に”なるほど~”といろいろな意味で思えます(笑)もしまだお読みになっていないようであれば、ぜひおすすめいたします。。。

http://www.amazon.co.jp/Servants-People-Inside-Story-Labour/dp/0140278508/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1297941882&sr=8-2

失礼いたしました。。。
[ 2011/02/17 20:26 ] [ 編集 ]
Andrew Rawnsleyさん
Andrew Rawnsleyさんは、最新の書籍でも話題になっているようですね。英語のお勉強にもなりそう。Servants of the People、読んでみます。(^-^)/ 興味深い書籍のご紹介ありがとうございます。
[ 2011/02/19 15:59 ] [ 編集 ]
Re: Andrew Rawnsleyさん
ETCeikaiwa 様 クリックするままHP拝見させたいただきました。ポッドキャストやってらっしゃるんですね?!ぜひThe Thick Of Itも紹介してください!(→目指せ日本上陸を胸に、布教活動に勤しんでいます 笑)
[ 2011/02/21 12:10 ] [ 編集 ]
The Thick Of It、はまってます。
第二話まで観ました。(^-^)/ imdbにtranscriptの抜粋があったので助かっています。第二話を観て、『Eastenders』のテーマ曲イントロ部分を確認したり、『The only gay in the village』という番組があったことを知ったり。(笑) 楽しんでます。ポッドキャスティングでの紹介もできたらいいですね。スコットランド英語のお勉強、見たいな切り口でできたら面白いかな。それには、もう少しThe Thick Of Itを理解せねば。(^-^)/
[ 2011/02/22 16:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スコットランド英語"should"の発音~『THE THICK OF IT』で笑いながらマンツーマン英会話(1)
 BBCの大ヒットコメディドラマ『THE THICK OF IT』。最初に見たときはシリアスな政治ドラマかと思ってしまいましたが、内容が分かってくると、これがな...
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。