Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~

開かずの扉状態の英語圏コメディ。しかし、「面白いヤツは人気者=カッコいい」という法則は万国共通。コメディアンにはイケメンが沢山いるのです!ここでは、日本ではほぼ知られていない‘イケメン’コメディアンを紹介します。
Go Johnny Go Go Go Go!! ~本物の笑いとイケメンは国境を超える~ TOP  >  スポンサー広告 >  the mighty boosh >  知る人ぞ知る、あの英国芸人に萌える。 The Mighty Boosh (後編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

知る人ぞ知る、あの英国芸人に萌える。 The Mighty Boosh (後編)

2003-january-the-boosh_convert_20100717172443.jpg
左:Julian Barratt     右:Noel Fielding

またまた、マイティ・ブーシュネタが続きます。
後編はブーシュが編み出した’crimp’について(・・・元々マニアックなサイトですしね!)。

Crimpとは何ぞや?と言うと、ブーシュの二人が生み出すリズム重視のナンセンス・ソングのこと。
必ずアカペラ! であり 二人以上でやっていることが条件です。ここ、ちょっとrapと違うのでご注意を。

その意味不明な歌はいきなり始まり、観客は問答無用で二人の言葉遊びの世界に引きずり込まれていくという~~。歌詞の意味は大抵ヴィンスとハワードの二人が共有しており、よそ者には分かる術がありません。二人が歌う、異世界のお経のようなハーモニーののcrimp・・・これにハマってしまうと時々頭の中でcrimpが聞こえてきたりと、中毒性も報告されています(?)。

で、これが実際のcrimpの動画です。


6週間も待ってこれが届いたんだ~、と嬉しそうなヴィンス。届いたのはなんと新しいJean-Claude Jaquettieのおフランス製ドライヤー!この広告の歌はハワードも知ってるみたいだし、やはりブーシュの世界では有名なんですね(笑)。

Jean Claude Jaquettie, with his jacket on.
Jean Claude Jaquettie, with his jacket off.
Jean Claude Jaquettie puts a jacket on.
Jean Claude Jaquettie puts a jacket off.
Jacket on, jacket off, jacket on, jacket off... Ooh Stylish!! Ooh Wokkaman!

Runnin' round Paris... with a tiny haversack,
Look into the future (with a telescope)
Drawing on the past with an eagle claw, eagle claw, "Why?" Eagle claw, eagle claw. Boboboingboing!

Take a fashion coin,
Slot in in the pocket of your bum bag,
take it to Milan, take it to Japan, take it to the man with the fashion plan. "Jaquettie"!


い、意味分からんけど面白い・・・。語感だけで並べられたようなナンセンスな文、だけど何となく
ストーリーが見えてくるような。微妙に振り付けもついています。望遠鏡やカバンなど、Jean-Claudeはスタイリッシュなパリジャンのわりに冒険家っぽいイメージなんですね!?(謎だ。。。)そしてeagle clawって・・ホントに"Why?"ですよ!

シリーズ1、第1話より。 ドラマの途中でもいきなり二人のcrimpが始まる。


ミセス・ギデオンの所在を気にするハワードに、「彼女はタンス(cabinet)にはまって抜け出せなくなったのかも」と謎の推測をするヴィンス。疑うハワードに対し、「皆タンスにはまるじゃん。あの番組見なかったの?」と歌いだす歌は・・・

Captain Cabinets, trapped in cabinets
Can he get out, will he get out?
Of course he will.
Captain Cabinets, trapped in cabinets.

Captain Cabinetsってどんな番組ですか(汗)。caの音の連続が楽しい感じですが、番組内容を想像するとかなりシュール。

シリーズ2より。砂漠で絶体絶命の二人。こんなときでもcrimp。

「あのスープを食べたときのことを覚えてるか?」というハワードの問いかけに・・・

Soup, soup, the tasty soup, soup, the spicy carrot and coriander.
Chili chowder!
Crouton, crouton, crunchy friends in a liquid broth.
I am gazpacho, ooh, I am a summer soup, ooh!
Miso, miso! Fighting in the dojo, miso, miso! Oriental prince in the land of soup!


スープを食べたときにいったい何があったんでしょう・・(笑)。またもや二人の過去は謎です。クルトンを"液体の料理の中のサクサクの友達"と表現するセンスがいいですね~。音も合ってるし。そして味噌・・。なぜに道場?「みそー、みそー」というフレーズが頭の中にこびりつきます・・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
[ 2010/07/19 10:40 ] the mighty boosh | TB(0) | CM(3)
キャプテンキャビネット
はじめまして!ブーシュファンサイト掲示板でこちらを知り、記事を読ませていただきました。

ブーシュのクリンプって、とにかく歌詞がかわいいですよね。よくそんなストーリー思いつくなぁってものばっかり!
キャプテンキャビネットはお気に入りです。
Of course he willの所がかなりツボ笑

ジャンクロージャケティーは、クリンプバトルのfour way crimpで、put you in my jacket pocket, took you to the meetingからつながるところが好きです。(歌詞間違ってたらごめんなさい)

もっともっと日本でブーシュ人気が爆発して、来日してくれたら良いのになぁ!
[ 2010/07/28 01:08 ] [ 編集 ]
Re: キャプテンキャビネット
yuisonさん、はじめまして。crimp好きですか!booshも日本版が出て更に人気が出る可能性もありますが、あれ訳すの大変でしょうねぇ・・(笑)。

キャプテン・キャビネットは私もお気に入りですよ~。縄抜け的な番組なんでしょうかね?まあ、キャプテンなんだからどんなキャビネットからも抜けられなくては!
そしてfour-way crimpの歌詞はナンセンスの極みですよね。ネズミをmeetingに連れてくんかいっと思ったけど響きが楽しいから納得してしまうという・・・。

ではでは~!


[ 2010/07/28 10:29 ] [ 編集 ]
拍手のお返事(8/3)
鱗さま、コメントありがとうございます! 今のとこどっちが書き手かはっきり分けてはいないんですよね~(共同でやってるのも多くて・・)。でもそのうち表記するようになるかもしれません。分かりません(笑)。

でも大体、若手芸人の記事は私、相方さんがちょっと前の芸人って感じで分担してます。英語が分からなくても芸人を眺めて楽しむ、というのはこのブログの一つの趣旨なので(笑)、大歓迎でございます!ぜひぜひ食いついてくださいませ~。Hugh様の後輩くんたちもこの先いろいろ紹介していく予定ですので。
私もホントは中年のおじさま好きですよ~。
[ 2010/08/03 14:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
レンタル屋ではゲット不能なアブファブとか観れるみたいです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
プロフィール

Author:komeddy
コメディを愛するコメディ部。常に部員を募集中です
プロフィールはカテゴリー内に埋もれてしまいました(汗)
PR会社&配給会社、ケーブルTV放送、DVDメーカーのみなさま、この海外コメディを押して欲しい!というご希望がありましたら遠慮なくcontactアットaweebitofscotland.netまでご連絡ください!全力で!宣伝・布教します! コメディ大恐慌の日本、盛り上げ協力には労力を惜しみません!

**このブログで使用している画像は全てその所有者、著作権者に帰属します。問題があるようでしたら、削除のメールをいただければすぐに対応します。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。